「Loewe」日本人アーティスト、イマノフミコとコラボ

「Loewe」日本人アーティスト、イマノフミコとコラボ

  • numero.jp
  • 更新日:2018/01/11

アーティスト、イマノフミコとオランダ人モデルのサスキア・デ・ブロウ (Saskia de Brauw)の2人のセルフポートレートをフィーチャーしたロエベのコレクタブルブック最新版『Publication#17』。イマノフミコはこれまで、写真、ビデオ、インスタレーションといった媒体を通してセルフポートレートを発表しており、今回の起用はLittle Man Galleryより出版された彼女の最新作『We Oui!』が世界的に高い評価を得たことを受け実現した。

No image

春夏コレクション発表の前日に、パリのユネスコ本部を舞台に撮影された『Publication#17』は、イマノの『Twins』(双子)シリーズよりインスピレーションを受けている。

二人のイマノが双子のように写る『Twins』は、幼少時をブラジルで過ごした彼女が、ロンドン、パリで生活した後、日本に戻り、茨城県日立市を活動拠点としたことへのリアクションだったという。

「日本に戻ってきて、日本での生活に自分をなじませようとして、自分が何者なのかとアイデンティティ・クライシスになってしまったんです。一緒にいて元気になれる誰かが必要だった。そこで蝶の収集家のように写真をピン留めしながら、双子の作品を制作し始めるようになったんです」と語っている。

Instagram/@fumikoimano

そうして、自分自身のセルフポートレートをカット& ペーストしてもう一人の自分をつくり出し、一見すると双子の姉妹のスナップ写真のように見えるコラージュ作品を生み出していった。

No image

『Publication#17』では、モデルのサスキア・デ・ブロウと二人のイマノフミコがユネスコ本部を舞台に、彫刻に隠れたり気ままに楽しむ様子が写し出されている。イマノは「パリ、そしてこの見事な建物の写真を撮りたいと思いました。それに、きれいで、完璧なルックスのモデル、サスキアとも一緒に楽しみたかった。一番面白かったのは、サスキアとフランスパンを使って楽しんだこと。フランスパンでフェンシングをやったり、オーケストラの真似をしたりしたんですから」と語っている。

No image

スタイリングはベンジャミン・ブルーノ(Benjamin Brumo)が担当、リミテッドエディションのハードカバー布装本はエムエムパリス(M/M Paris)がアートディレクションとデザインを担当している。ハードカバー布装本の特製折り込み式ダストジャケットには、イマノフミコが2014年に発表した画集『I’m Hungry』に登場する動物たちの水彩画が描かれている。このスペシャルブックは1200冊の限定出版となり、手書きシリアル番号入り。

また、イマノフミコのインタヴュービデオが入ったデジタル版はiTunes Storeから無料でダウンロード可能。ぜひ「LOEWE」で検索を!

LOEWE “Publication#17″
www.loewe.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
KEIKOの現状を明かす小室哲哉に木村太郎「許せない」 安藤優子は「大人になれない男の子みたい」
高畑裕太の現在の容姿や職業が判明、想像の斜め上だった! 芸能界復帰を画策するも“ママ離れ”はまだまだ先か!?
「私の腕より足細い」 比嘉愛未、驚異的細さの美脚披露にどよめきの声続出
小室哲哉「不貞騒動」でも妻・KEIKOに同情の声が少ない理由
クロちゃんの連日の”嘘ツイート”疑惑、ついに医師にまで疑われてしまう事態に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加