『アクタージュ act-age』に魅了される人々「現代版『ガラスの仮面』」「めちゃくちゃ面白くて良質」

『アクタージュ act-age』に魅了される人々「現代版『ガラスの仮面』」「めちゃくちゃ面白くて良質」

  • Techinsight
  • 更新日:2018/04/26
No image

今年で創刊50周年となる『週刊少年ジャンプ』が、1月22日発売号より新連載をスタートしたのが『アクタージュ act-age』(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)である。主人公の女子高生・夜凪景が芸能事務所の新人オーディションで映画監督・黒山墨字と出会い、女優として成長する姿を描いた作品だ。物語の展開と表現力に読者から「現代版『ガラスの仮面』って感じで面白い」と反響を呼んでいる。

女優が題材なので『ガラスの仮面』を思い浮かべる人も多いだろうが、まさに「現代版」として超越する魅力がある。“はるかぜちゃん”こと春名風花は、4月23日にSNSで「アクタージュはめちゃくちゃ面白くて良質な作品なので絶対に中途半端なところで終わらせて欲しくないです」と『ジャンプ』へのアンケートを呼びかけているほどだ。

関西弁を話す美少女・湯島茜など強烈なキャラクターも加わり、ますます目が離せなくなっていく。熾烈なオーディションが続くなか、「夜凪ちゃんがこれからどうなってしまうのかぼくは見届けたい!!」とはるかぜちゃんも願っていた。

ちなみに『マツキタツヤ(machi8mura)ツイッター』では、「アクタージュ 14話」の表紙について「夜凪さんの髪の毛、茜さんに結って貰ったとのこと。可愛らしい」とつぶやいている。オフショット的な趣向も本編とのギャップがあって楽しい。

画像は『マツキタツヤ 2018年4月23日付Twitter「少年ジャンプにてアクタージュ 14話、載ってますよー。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「蟲師」漆原友紀の水をテーマにした物語「水域」、新装版が上下巻発売
“絵が描けなくても応募できる漫画賞”結果発表 大賞作は作画担当がつき連載確約
米沢嘉博「戦後怪奇マンガ史」登場作品の展示イベント、日野日出志らのトークも
「銀の匙 Silver Spoon」最新話がサンデーに、八軒がセンター試験に挑む
盗品の可能性も高いのに......古典的名作『愛と誠』の原画をオークションに強行出品「まんだらけ」に非難殺到!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加