「FWの選手に助言をするなら...」F・トーレスが引退試合で残したストライカーとしての金言

「FWの選手に助言をするなら...」F・トーレスが引退試合で残したストライカーとしての金言

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/08/24
No image

F・トーレスがFWとしての持論を語った。写真:徳原隆元

8月23日、J1リーグ24節のサガン鳥栖対ヴィッセル神戸の一戦で、フェルナンド・トーレスが現役を引退した。

ゲームは1-6で鳥栖が神戸に大敗したが、F・トーレスは果敢にゴールに迫った。63分と終盤にはペナルティエリア内でこぼれ球に反応したものの、シュートは惜しくも枠の外。有終の美を飾れなかったが、チャンスに絡んだプレーでは大いに会場が沸いた。

ラストマッチはノーゴールに終わったが、これまで欧州などのトップレベルで多くの得点を決めてきたワールドクラスのストライカーであることに変わりない。そんなF・トーレスが引退試合の後、FWとしてプレーしてきたことについて、こう語っていた。

「ひとりの人間がFWを選んで、そこでプレーしていくと選んだのであれば、ゴールを決めなければならないです。その人間がレギュラーとしてピッチに立っているということは、ゴールを決めているから。だから、やはりゴールを決め続けなければいけない。良いプレーをしたとしても、ゴールを決めなければ監督から外されてしまいます」 F・トーレスが世界的なストライカーとして、スター街道を突っ走る原動力となっていたのは、紛れもなくゴールである。アトレティコ・マドリーやリバプールのみならず、スペイン代表でも多くの貴重な得点を決めて評価されてきた。

だからこそ、F・トーレスは最後に次のような金言を残した。

「なので、FWの選手に助言をするなら、『ゴールを決めなさい』。別に上手いプレーをしろとか、そんなことは要らないです。『ゴールを決めろ』それだけを言いたいです」

F・トーレスのゴールは残念ながらもう見れない。ただ今度は、この世界的ストライカーのラストメッセージを体現するような、日本人FWの台頭に期待したいところだ。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【F・トーレス PHOTO】スペインの貴公子ラストゲーム

【鳥栖 1-6 神戸 PHOTO】神戸が攻守に渡って鳥栖を圧倒。ゴールラッシュの完勝を飾る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【浦和】「鹿島に上がってきてほしい」興梠慎三がACL準決勝で“打倒古巣”宣言!!
【川崎】天皇杯敗退後に中村憲剛が示した新たな決意。続くベンチスタートにも「ピッチで取り返すしかない」
【山口】守りに徹しない“現実策”。人材流出は痛手も霜田監督が見せた新たな引き出し
『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:信頼(國學院久我山高・明田洋幸)
J1鹿島・三竿健斗 左ハムストリング筋損傷で全治6週間
  • このエントリーをはてなブックマークに追加