200年前のニス汚れをスッキリ除去。色鮮やかによみがえる美しい油絵

200年前のニス汚れをスッキリ除去。色鮮やかによみがえる美しい油絵

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2017/11/12
No image

Image:SAHACHATZ/Shutterstock

気持ちいいほど、きれいに落ちていく。

油絵をニスでコーティングするのは画面を保護するためですが、ニスは時間の経過とともに黄ばんでいくので、数世紀も経つと絵画本来の色彩は失われてしまいます。そのため美術修復家たちは、黄変してしまった絵画の古いニスを溶剤で除去して改めてニスをかけていきます 。

No image

A remarkable Jacobean re-emergence after 200 years of yellowing varnish 1/2
— Philip Mould (@philipmould)
2017年11月6日
from Twitter

No image

2/2 ....still a way to go, but what a transformation!
— Philip Mould (@philipmould)
2017年11月6日
from Twitter

The Telegraphによれば、モールドさんがこのジャコビアン様式の女性の絵画に使ったのは、特別に作られた溶剤とゲルの特殊な混合液なんだそう。ニスを除去しつつ油絵を損なわないよう、事前にオーク材に塗った油絵で何度も試してから使用しているようです。ツイートでは混合液に浸した筆をくるくると動かし、きれいに拭っていく様子が収められています。

Huffington Postいわく修復プロセスを全部終えるには3週間ほどかかるそうですが、その後は2018年6月にロンドンで開催されるMasterpiece Fairにて展示販売されるとのこと。

No image

In response to those wanting sight of the uncleaned image of the #womaninred . All we know is she is 36 and it was painted 1618 (inscription)
— Philip Mould (@philipmould)
2017年11月7日
from Twitter

この絵画について現段階で判明しているのは、赤いドレスの女性は36歳で1618年に描かれたという記載された情報だけ。どれほどの価値がつくのか気になります…。

Image:Shutterstock
Source: Twitter (1,2,3),The Telegraph,Huffington Post,BBC

Bryan Menegus - Gizmodo Sploid[原文
(たもり)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アポロの月面写真はやっぱりフェイク?スタッフが写り込んでいると話題に
鉄道橋をまるごと移動させる光景が凄い、アムステルダム・ライン運河の拡張工事
40歳オッサン谷琢磨の「女装」があまりにも可愛すぎると話題に!
これはナニ? 海軍パイロットが飛行機雲で描いた「謎の絵」に米軍謝罪
もしもマッチ棒もやしたら人間の焦げた顔が出てきたら?不気味な巨大マッチ「マッチスティック・ミー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加