【川崎】阿部浩之が語る「苦闘からブレイク」のワケ

【川崎】阿部浩之が語る「苦闘からブレイク」のワケ

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/08/11
No image

8月10日発売のサッカーダイジェストでは阿部選手のインタビューを掲載。ここまでの自身のパフォーマンスについてやチームメイトとのエピソードなどを語ってくれています。

No image

今季、加入した川崎では自己最多の8ゴールをマーク。攻撃を牽引している。写真:徳原隆元

今季の川崎でサプライズを提供しているのは誰か。多くの人が思い浮かべるのは、自身初だという1トップに順応し、ここまで自己最多の8ゴールを奪う阿部浩之だろう。

阿部自身も最前線での起用に「身長の低い自分で良いのか」と、最初は疑問に感じていたという。さらに特殊なパスサッカーを展開する“川崎スタイル”にも戸惑いがあったと話す。

「どうしても『あ、今やったんや』と1テンポ遅れてしまいました。相手にインターセプトされる場面も目立って……。川崎に長く所属している選手たちとイメージを合わせるのは予想以上に難しかったです」

それでも初ゴールを決めた9節の清水戦、1ゴール・2アシストと全3ゴールに絡んだ11節の新潟戦あたりから調子を一気に上げた。元々、プロ入り前の関西学院大時代には関西学生リーグで得点王になるなど、ストライカーとして評価され、G大阪ではサイドハーフとしてチームに貢献。確かな技術、献身性、シュート技術の高さは周囲から認められていた。

「新潟戦では自信を掴めました。『ああ、こういうプレーをすれば良いんだ』と、しっくりきた試合でしたね。まあ、清水戦でゴールを取れたからこそ落ち着いてプレーできたんだと思います。

(自己最多の8ゴールは)内心、驚いています。ただ、シュート技術に関しては絶対的な自信がありました。その特長を生かせているのかなとは思います」

また、チームメイトとの関係も良好だ。

「僕より後ろの人はみんな上手くて、簡単にはボールを取られないですからね。良いパスがどんどん来るので助けられています。僕にボールが回ってくる時は、決めてくださいというような決定的なシーンが多いです。

(一番仲が良いのは)やっぱりノボリ(登里)。20歳くらいの時に一緒にトゥーロン(国際大会)に出場したので、僕がフロンターレに移籍する時はノボリが電話をくれました。

それにチームに関西出身者も増えているんですよ。アキくん(家長)、(大塚)翔平、イガちゃん(井川)、武岡くん。いつも僕らでうるさくしています。他の人もノッてきてくれたら良いんですけどね。まあ実態はノボリがひとりで騒いでいて、僕とアキくんで翔平をいじるだけなんですが(笑)。でも、フロンターレの選手は良い人ばかりなので、助かっています」

周囲に支えられながら、チームに欠かせない存在となった阿部。今後の目標を訊くと「タイトルがすべてです。個人の結果はどうでも良いと言ったらおかしいですが、そういうのはチームとしてタイトルを獲った後についてくるはずです」と、力強く語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松沢隆司氏死去 鹿児島実高サッカー部元総監督 九州高校サッカー界の名伯楽 教え子に前園、城、遠藤兄弟ら
豪華メンバーにふたりの名将も集結! オールドファンの胸を熱くさせた「国見vs.帝京」が実現
C大阪、水着の次はダチョウ!8・26鹿島戦にダチョウ倶楽部J初緊急参戦
バナナを被る覚悟は?!川崎F内定MF守田英正&MF脇坂泰斗と川崎F育ちMF三笘薫が語る
Bリーグ『茨城ロボッツ』新ユニフォームお披露目!ユニフォームスポンサーに『ローリーズファーム』の会社が
  • このエントリーをはてなブックマークに追加