【片想い】恋愛対象として見てくれない男性にはこうアプローチしよう!

【片想い】恋愛対象として見てくれない男性にはこうアプローチしよう!

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2019/03/31
No image

こちらは恋愛対象として意識している男性が、自分を恋愛対象として見てくれない…。そんな切ない状況を脱したい。恋を叶えるためにそう願う方もいるのではないでしょうか。

今回はこちら側を女性として見てくれない男性へのアプローチ術をご提案します。

前提として

そもそも、あなたのことを女性としては見てくれていない男性であっても、嫌われてさえいなければ、恋愛に発展する可能性は十分にあります。自分次第でなんとでもなります。

ただ現状、女性として見ていないことは確か。では、どんな風に見られている? まずはそれについて考えてみてください。彼と自分がどういうシーンで会うのか、そのときの彼の対応はどんな感じか、どんなノリなのか振り返ってみて。

女友達として見られている、趣味友達として見られている、飲み友達として見られているなど、“○○友達”の枠に入っているなら大丈夫。むしろ自信を持ったほうが良いでしょう。その後、彼の気持ちが恋愛へと傾いていくことはあり得ます。

彼の恋愛傾向を聞く

上記の前提をクリアしているなら、まず確認すべきは彼の恋愛傾向です。男性によって「友達から恋人への発展はあり得る」派と「友達から恋人への発展はあり得ない」派に分かれます。

気になる彼が「友達から恋人への発展はあり得ない」派であれば、いくら友達として見られていても、恋愛へ進むのは残念ながら望み薄といえます。中には「女友達には恋愛感情をそもそも持てない」タイプの男性がいるのは事実。

彼と恋愛話をする機会があれば、これまで付き合った彼女と付き合う前はどういう関係だったか、そもそも友達から恋人へと移行した例はあるのか、聞いてみると良いでしょう。

彼が「友達から恋人への発展はあり得る」派だとわかったなら、思いきったアプローチを進めていきたいところ。友達として大事にされている場合、巻き返せる確率は十分に高いといえます。

悩みを聞く

彼が自分の弱さやカッコ悪さ、ダサさをさらけ出せる相手を目指してください。彼が一緒にいてどこかホッとできる相手、癒やされる相手になること。それが間接的なアプローチにつながるからです。

自分の弱みを人に知られたくないし、絶対に見せたくない。弱音を吐きたくない。カッコいい自分でありたい。そんなふうに自分をガチガチに固めて生きる男性は少なくありません。

でも、恋愛相手になら甘えることができるし、つらい気持ちを打ち明けることができる。外では見せない顔を見せることができる。これまで付き合ってきた男性にも、そういった方はいませんでしたか?

この人になら安心してダメな自分を見せられるなあ…彼がそう気づいたとき、あなたは彼の周りの女性の誰よりも、彼女候補に近い存在になっているはずです。彼がぽろりと自分の心情を共有しやすい安心感と包容力を持って接してみてください。

見た目を変えてみる

外見の変化はわかりやすいだけでなく、挑戦しやすさもあるといえます。女性の見た目に疎い男性であっても、「あれ、なんか雰囲気変わった?」と気づかれやすいものを試してみるのが○。

たとえば、髪型をロングやセミロングからショートにしてみたり、いつもはそのままにしていた髪をアレンジしてみたり。普段パンツスタイルが多かったなら、あえてワンピースやスカートにしてみたり。逆もありです。

「いつもとちょっと違う!」と彼に思ってもらうことで、新鮮な印象を与えることができます。あなたを見る目も少し変わる可能性があります。このとき大事なのはひと目でわかる変化を作ること。

ネイルやピアスなど小さめなものだと、なかなか気づかれにくいです。髪色もよほどインパクトのあるものに変えない限りわからないかも…。思いきって変えてみてください。

気になる男性とは友達的に仲良し。でも、そこから発展しないのが悔しい。そうモヤモヤしている方は、今回ご紹介したアプローチを試してみてくださいね。恋が実ることを願っています。

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「今から会おうよ」22時、モテる男からの誘い。ダメだとわかっていても抗えない女の葛藤
「結婚願望あるの?」好意を抱いていた男から聞かれた途端に、女の気持ちが萎えたワケ
デート中に彼氏がムラムラしてしまう瞬間♡遠まわしにその気にさせちゃおう
キスの場所でわかる「本当の男心」
男性が「本当に好きな女性」にしかしないこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加