USB接続でネットを高速化、Wi-Fi子機「WN-AC1300UA」 アイ・オー

USB接続でネットを高速化、Wi-Fi子機「WN-AC1300UA」 アイ・オー

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/01/15
No image

アイ・オー・データ機器は1月15日、USB接続の無線LAN子機「WN-AC1300UA」を発表した。通信速度は最大1,300Mbpsで、有線LAN環境に近い通信速度をWi-Fi接続で得られる。USBバスパワー対応なので、コンセントがない状況でも使える。2月上旬より発売する。価格は7,800円(税別)。

5GHz帯のIEEE802.11ac/a/nと、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応する無線LAN子機。PCのUSBポートに接続して使用する。通信速度はIEEE802.11ac時で最大1,300Mbps(理論値)と高速。有線LAN環境に近い通信速度をWi-Fi接続で達成する。2.4GHz帯においても、通信速度は最大で600Mbps(理論値)に達している。

アンテナは外付けタイプで4本を実装。個別に角度を調整できるので、ルータの位置に合わせて最適な角度に設定できる。ビームフォーミングやMU-MIMOといった通信安定化技術も搭載する。

インタフェースはUSB 3.1 Gen1で、電源はUSBバスパワー。無線LANセキュリティは、WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA-PSK(TKIP/AES)、WEP(128/64ビット)に対応。本体サイズは約W59×D60×H24mm、重さは約46g。対応OSはWindows 10、mac OS 10.13~10.15。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
20%還元を起爆剤に普及を狙う「au PAY」、今後はどう変わる?
『ポケモンHOME』各種機能を紹介した公式サイトオープン!“すべてのポケモンが集まる場所”が2月配信に向け本格始動
Core i9-9900KS搭載デスクトップPCなどが24時間限定で特価に
ウイルス対策ソフトAvast、ユーザーデータをGoogleなどに売っていた
天板にピカピカメッセージ! 世界一目立てるゲーミングラップトップ #CES2020
  • このエントリーをはてなブックマークに追加