フォルクスワーゲン、日本でディーゼル車導入 「パサート」に設定

フォルクスワーゲン、日本でディーゼル車導入 「パサート」に設定

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2018/02/14
No image

独Volkswagen(VW)の日本法人、フォルクスワーゲングループジャパンは2月14日、ディーゼルエンジン搭載車を日本に導入すると発表した。2015年に排ガス不正が発覚したが、拡大する国内輸入車市場でディーゼルの人気が高く、顧客のニーズに応えていくとしている。

ディーゼルを搭載するセダン「Passat TDI Highline」

既に販売しているセダン/ワゴン「パサート(Passat)」に新グレードとして設定する。初導入する2リッター直列4気筒の「TDI」エンジンは190PS、400Nmを発揮。排ガス後処理システムとして酸化触媒、SCR(選択触媒還元)、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)などを採用し、日本のポスト新長期排ガス規制に適合しているという。

価格(税込)は、セダン「パサート」が422万9000円〜489万9000円、ワゴン「パサート ヴァリアント」が442万9000円〜509万9000円。

ディーゼル車は輸入車市場では独Mercedez-Benz(メルセデス・ベンツ)や独BMWなどが販売し、市場全体の2割超を占めている。ディーゼル特有のトルクによる力強い走りや、軽油と燃費性能による経済性などが評価されているが、VWは排ガス不正が響き、投入が遅れていた。

ディーゼル搭載「Passat TDI Highline」

No image

「Passat TDI Highline」

No image

「Passat Variant TDI Highline」

No image

「Passat Variant TDI Highline」

No image

「Passat TDI Highline」

No image

「Passat TDI Highline」

No image

2リッター「TDI」エンジン

No image

エンジン性能曲線

No image

エンジン排気ガス浄化システム

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
美人コンパニオンも多数登場!「NAGOYAオートトレンド2018」が開幕
日本一ゴージャスな霊柩車が完成! 死ぬまで待てない?
日銀、デフレ脱却の完全失敗へ...経済失速の「戦犯」黒田総裁続投は「最悪中の最善」
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
アスクルはアマゾンに勝つ...なぜ後発のロハコは成功したのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加