【小倉大賞典水曜追い】主役・トリオンフ「今のところ不安は何もない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/14

連勝の勢いで重賞獲りに挑むトリオンフ(セン4=須貝)。小倉大賞典に向けた最終追い切りは坂路単走で4F53秒1。余力十分に流した。圧巻は同じく川田が手綱を取った1週前。併走相手を瞬時に突き放し、4F52秒4~ラスト1F11秒9の豪快な切れ味を見せた。須貝師は「先週、先々週とビッシリやって来た。先週はヤバイぐらいの動き。充実してる。昇級で重賞挑戦になるが、今のところ不安は何もない」と胸を張る。注目されたハンデは54キロと軽い。3連勝で初タイトルが見えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
間違ったひとりHはセックスでイケなくなるって本当?
辺見えみり、再び離婚報道で「別れて正解」と夫に同情の声
2043年生まれの未来人、第三次世界大戦が始まると警告!その発端は・・・
カーリング女子 勝負を決めた藤沢五月の「悪女の誘惑」
Excelはもう古い?ビジネスマン必見のデータ分析最強ツールとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加