伝説のカレー屋「ムルギー」で食べる極上ハヤシカリーに感動する / 過ぎ去りし時を求めて

伝説のカレー屋「ムルギー」で食べる極上ハヤシカリーに感動する / 過ぎ去りし時を求めて

  • 東京メインディッシュ
  • 更新日:2017/08/15
No image

ハヤシカリー 1100円

曾祖父、祖父、父、そして自分、それほど代々食べられ続けているカレー屋が「ムルギー」(東京都渋谷区道玄坂2-19-2)以外に存在するだろうか。大衆食堂としては「スワチカ」(京都品川区西五反田1-27-6)が60年以上の歴史を刻んでいるが、カレーの分野ではムルギーの歴史に敵うカレー屋はあるまい。

・ムルギーの味を守り続けている
初代店主のお爺さんが亡くなってから、そのソウルを受け継いだ家族が経営を続け、その味を守り続けている。お爺さんの時代から食べ続けている者からすれば、若干、テイストがソフトになったかなという印象受けるが、ここの愛児は唯一無二であり、これはこれで大満足の味。

No image
No image
No image

・ハヤシカリーの存在
程よい苦味がジワジワと辛味とコクに繋がっていく、独特のテイストがウリの玉子入りムルギーカレーが名物だが、ハヤシカリーの存在も忘れてはならない。カレーよりもソフトな仕上がりになっており、さわやかな「微細な酸味」が特徴。後味が爽やかなので、暑い夏にオススメしたい味。

・歴史が刻まれた味がある
どうしてもムルギーにくるとカレーばかり注文してしまう人は多いと思う。個々の無名物はカレーであり、ヤミツキになるテイストをしているので、カレーを注文するのは当然だ。だがしかし、ふとした気まぐれでかまわないのでハヤシカリーを注文してほしい。きっとそこには、カレーと同じように歴史が刻まれた味があるはずだ。

もっと詳しく読む:伝説のカレー屋「ムルギー」で食べる極上ハヤシライスに感動する / 過ぎ去りし時を求めて(東京メインディッシュ)http://main-dish.com/2017/08/10/murugi-curry-hayashi/

ムルギー
住所: 東京都渋谷区道玄坂2-19-2
時間: 11:30~15:00
休日: 金祝
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001732/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コーンのインパクト大!マッターホーンの「モカソフト」を食べなきゃ夏は終われない
いま注目すべき!沼津でおすすめのおしゃれカフェ8選
がっつり肉を食らう!天王寺でおすすめの肉料理ランチ8選
カラフル過ぎるオーロラドリンク! 2回飲むと好きになり3回飲むと恋しくなる / THE ALLEY LUJIAOXIANG ジ・アレイ ルージャオシャン
「あらいぐまラスカル」のベーカリーカフェが吉祥寺に誕生--限定グッズも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加