阪神が「テクニカルピッチ」導入、回転数などを計測

阪神が「テクニカルピッチ」導入、回転数などを計測

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

ボールの速度や回転数を出す為に専用ボールで投球練習をする松田遼馬(撮影・上田博志)

阪神は12日、高知・安芸キャンプのブルペンで、アクロディア社の「テクニカルピッチ」というボールをテスト導入した。

球の中に内蔵されたセンサーで球種や球速、回転数に回転軸もわかるというもので、球の大きさや重さも公認野球規則に準じており、このボールとスマートフォンがあれば、どこでも分析が可能だという。

この日は試験的に導入され、松田と福永の2投手がブルペン投球で試した。松田は「数字やデータが出るのはおもしろい」と感想を述べ、福永も「(体験が)今までなかったので、1つの参考にしたい」と興味を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍MVP外崎の青森実家リンゴ園は「今忙しい時期」ネット直販で現在は予約完売
阪神・金本監督、中谷の30発保証!「彼なら絶対、打てると思う」
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
侍にリンゴスター誕生 外崎が3戦6安打4打点でMVP 青森の実家はリンゴ園
藤谷、ビックリ7発!矢野2軍監督納得「一番飛んでいた」打撃練習継続決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加