日本ハム一筋20年 飯山が今季限りで引退 思い出は「普通のゴロ」

日本ハム一筋20年 飯山が今季限りで引退 思い出は「普通のゴロ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

日本ハムの飯山裕志内野手(38)が15日、今季限りでの現役引退を表明し、札幌市内の球団事務所で会見を行った。

No image

引退会見に臨んだ飯山

昨季は右足、今季は左足の故障に悩まされ、「1年間1軍でプレーできなかったこと、チームに迷惑を掛けてしまったと感じたことが決断の理由」と話した。

鹿児島・れいめい高から98年ドラフト4位で入団し、日本ハム一筋20年。12年の巨人との日本シリーズ第4戦ではサヨナラ安打を放った。代走や守備固めとして黄金期を支え、「僕はファインプレーをしたことがない。思い出すのは普通のゴロをさばいたこと」と振り返った。今後は指導者の道を目指す見込みだが、「もう少し時間を掛けて考えたい」と話した。

10月3日のオリックス戦(札幌D)で引退セレモニーが行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
「落ち着いて」...本塁打後に全力疾走の強打者、投手に制されスローダウン!?
ソフトバンク・東浜を“鷹のエース”に這い上がらせた「過酷すぎる猛練習」
相手に重圧を与える代走の切り札の存在 意思統一された広島の走塁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加