「千葉はJ1にいなければいけない」、明大DF鳥海晃司はクラブ愛を貫いて千葉に返り咲く

「千葉はJ1にいなければいけない」、明大DF鳥海晃司はクラブ愛を貫いて千葉に返り咲く

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/12/07
No image

ジェフユナイテッド千葉に入団する明治大のDF鳥海晃司(4年=千葉U-18)が千葉への愛を語った。

「ジェフに帰ってこられてよかった」と契約した瞬間を振り返る鳥海は、中学と高校時代を千葉で過ごしたアカデミー育ち。一度はその元を離れて明大に進学したものの、“古巣”への入団を果たし、「小学校からスクールに行って、ジェフの選手を見て、ナビスコ杯での決勝も観に行っていた。その一員になれるのは嬉しい」と素直に喜んだ。

明大では不動のCBとして最終ラインに君臨。粘りのある守備で競り合いにも強く、最後方からのビルドアップにも長け、最終ラインからのコーチングも的確とバランスに優れたディフェンスリーダーだ。2年時から少しずつ出番を手繰り寄せ、3年生ではリーグ戦20試合に出場。その年の全日本大学選抜にも選出されるなど活躍を続けて、今回の入団内定に至った。

しかし一度は千葉から離れた身。トップチームに昇格できなかったときもその愛は途切れなかったのか。その問いに鳥海は「出たときは、もし入るなら千葉以外と思っていました。でも、改めてプロを意識したときに応援歌を聞いてやっぱり好きなんだなって。4年間でジェフへの思いは熱くなっていました」と答え、思いは深いものになったことを明かした。

トップ昇格を果たせなかった原因について「単純にサッカーだけをすればいいと思っていたから」と当時の鳥海は思いを巡らせたという。「人間的にできていないとプロで成功はできないって感じたし、それを大学に来たことで理解できた」と語り、「(一度出て再び)戻れたことが自信になりましたし、トップに上がれなくても大学を経由して戻ってこれるということを示せたので、ユースの選手たちにも勇気を与えられたかなって思います」と遠回りをしたことで得たものは大きかったようだ。

今季の千葉は9年ぶりのJ1復帰に大きく近づいた。リーグ戦を6位で終え、J1昇格プレーオフに進出。しかし3位・名古屋との対戦で2-4の敗戦を喫し、J1までの距離は再びリセットされた。その試合について鳥海は「見ました。サッカーなのでしょうがない。でもプレーオフでああいうサッカーをしたのは感動したし、あの舞台に自分も立ちたい」と前向きに捉えていた。

「千葉はJ1にいなければいけない」と会見時に二度強く言い放った鳥海。今回の入団は、嬉しさと同時に「J1に復帰させたい」との使命感にも燃えている。「ただいまっていう感覚。成長して帰ってきたよっていう感じ」という古巣への思いを語ったその眼は、誰よりも深い千葉への愛にあふれていた。

(取材・文 石川祐介)●2018年Jリーグ移籍情報

●第66回全日本大学選手権(インカレ)特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
驚愕のブレ球ミドル弾!! 2得点のマウリシオ「自分の価値を示したかった」
【FIFA クラブワールドカップ 2017 UAE 浦和レッズ vs ウィダード・カサブランカ ハイライト】【ハイライト動画】浦和がアフリカ王者に勝利で5位を確保、有終の美を飾る
バスケ球宴の全選手決定、主将は馬場雄大と富樫勇樹
『サカつくシュート!2018』と漫画「シュート!」がコラボ! ログインボーナスで「★5田仲 俊彦」をゲット
浦和サポーターの「絆」と「力」がつながったコレオ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加