もふもふに癒される、必見の猫映画たち

もふもふに癒される、必見の猫映画たち

  • マイナビ学生の窓口
  • 更新日:2019/02/22
No image

『ねことじいちゃん』(2019年)

穏やかで温かい猫との暮らし

ネタバレあり! ドラマ『グッド・プレイス』のあらすじと魅力【わかるのネトフリ日記 #1】

2019年2月22日、「猫の日」に公開される新作猫映画です。原作はイラストレーター・ねこまきさんの同名漫画で、NHK BSプレミアム『岩合光昭の世界猫歩き』で有名な世界的動物写真家、岩合光昭さんが監督を務めました。

奥さんに先立たれた大吉じいちゃんは、猫のタマさんと一緒にのんびり楽しく故郷の島で暮らしています。ところがある日、じいちゃんの体に不調が……というお話。原作でのタマさんは白地にオレンジのトラ猫ですが、映画ではキジトラ猫になっています。

このキジトラ猫は岩合監督自身が指名した猫だそうで、その愛らしい風貌としぐさは大吉じいちゃんを演じた立川志の輔さんとの相性もばっちり。穏やかな時間が1人と1匹の間に流れます。もふもふ猫に癒やされたい人にはおすすめの一作です。

No image

『猫が教えてくれたこと』(2017年)

イスタンブールにある「猫とヒトの優しい関係」

「猫の街」として有名なトルコの古都イスタンブール。この街に住む7匹の猫にスポットを当て、人間と猫との関わりを描いたドキュメンタリー映画です。市場で食べ物を狙う猫「サリ」はかわいい子猫たちを育てていますし、凶暴な猫「サイコパス」はイヌすらも恐れさせるほど気性が荒い、といった具合です。

一匹一匹個性豊かな猫ですが、どの猫も住んでいる地域の人間たちとうまく共存しています。住人は温かい目で猫たちを見守っているのです。本作を見ると、住人の優しい気持ちこそがイスタンブールを猫の街にしているのだとわかります。実際にイスタンブールに行って、猫たちに会いたい気持ちになるでしょう。

地上10cmという高さで撮影された映像も本作の特徴で、観客は自分が猫になったような「猫目線」を体験できます。ちなみに本作がアメリカで公開された際には、最初は単館上映だったのに大人気だったため130館まで公開館数が拡大されました。アメリカ人にも猫映画好きは多いのですね!

『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』(2017年)

人気猫番組の特別版!

今や猫専門家と呼んでもいいほどの動物写真家・岩合光昭さんの猫映画第1作です。NHK BSプレミアムの番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』で特に人気を博した「津軽のリンゴ農家で暮らすコトラとその家族」を中心に、世界6カ国のいいコたちの映像をまとめています。

ドキュメンタリーですからリアルな猫の様子が見られるのが最大の特徴です。子育てにいそしむ母猫、愛くるしい子猫たちの姿、浜辺でへそ天で寝転ぶ猫など、どのシーンを取っても猫のかわいさ満載。見ているだけでほっこりして癒やされます。大きな画面で見るともふもふ感もマックスで、猫好きにはたまらない作品です。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(2016年)

人生を取り戻すのを助けてくれた猫

『ボブという名のストリート・キャット』(原題『A Street Cat Named Bob』)というノンフィクションを原作とする映画です。ジェームズ・ボーエンという青年が猫の「ボブ」と一緒にお互いを助け合いながら暮らし、自分の人生を取り戻すという実際にあった話を描いています。

ジェームズは麻薬の使用を断つことができず、ホームレスになるほど身を持ち崩してしまいますが、ある日けがをした猫を拾います。隣人によってその猫は「ボブ」と名付けられ、ジェームズと一緒に暮らし始めます。なけなしのお金をボブの治療に使うなどあれこれとボブの世話をし、ボブもまたジェームズに懐きます。ボブと一緒に路上でミュージシャンとしての活動を始めると、ボブのかわいさから人気となりますが……というストーリー。

お互いを励まし合う1人と1匹の姿は見る者を感動させずにはおきません。人が猫と一緒に暮らすのは、猫を飼育する・猫を助けているのではなく、人間自身のためでもあるのだと気付かせてくれる作品です。本作は視聴者に大きな癒やしをもたらしてくれるでしょう。

ちなみに作中に登場するボブは本物のボブが演じています(ボディダブルとなる猫も使われていますが)。メイキング映像も必見なので、そちらもお見逃しなく!

No image

『こねこ』(1996年)

子猫のかわいさ満載!

「ロシア人は猫が大好き」「多くのロシアの家庭では猫が飼われている」といわれますが、それを証明するような心温まるロシア映画です。

ロシアの音楽家の一家のところに子猫がやって来ます。子猫は「チグラーシャ」と名付けられますが、いたずら好きで親からは敬遠されます。子供たちはチグラーシャが大好きでかわいがるのですが、ある日、外へ出たチグラーシャはトラックの荷台に落ちて遠くへ運ばれてしまい……というお話。

子猫のロードムービーといった趣の作品ですが、チグラーシャの愛らしい姿にもん絶すること間違いなしです。チグラーシャ以外の猫も大変にかわいらしく、猫好きなら思わず画面をなでなでしてしまうかもしれません。20年以上前の作品ですが、今でも本作の癒やし効果は絶大です!

No image

『密着! ネコの一週間』(2013年)

飼い主も知らない秘密を教えるニャ!

BBC製作のドキュメンタリー番組。イギリスのある村で、各家庭で飼育されている猫たちにそれぞれGPS機能付きの首輪を装着し、1週間の行動を探るという実験が行われました。50匹の猫の行動を、GPS情報・小型カメラによる猫の視点映像から分析します。結果は……飼い主が想像もしなかった驚くべきものだったのです! 猫の行動を観測した非常に興味深い番組ですから、猫好きの人は必見です。

他にも『くろねこルーシー』『ねこタクシー』『猫侍』、少し趣きは異なりますが『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』など、猫映画はたくさんあります。今回紹介した猫映画はどれも癒やし効果が大きいもの。未見の作品があればぜひ見てみてください! もっと猫が好きになりますよ。

No image

(柏ケミカル@dcp)

もっと映画&ドラマのコラムを読む!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
水谷豊「轢き逃げ」日本映画初のドルビーシネマ採用、ポスターも到着
最高にクールで、最悪にバイオレンスな傑作「ドライヴ」【コントローラーを置く時間】
朗報:『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、ついにアフレコ開始! 公式Twitterが庵野秀明監督の台本をツイート
銀魂・福田雄一『シャザム!』吹替監修&演出に決定!声優・杉田智和ナレーションの特別映像も公開
水谷豊監督作「轢き逃げ」新ポスター公開!邦画初ドルビーシネマ作品にも決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加