防災用品にもなる!新発想のアウトドアグッズ

防災用品にもなる!新発想のアウトドアグッズ

  • STRAIGHT PRESS
  • 更新日:2017/08/15
No image

機能性もファッション性も兼ね備えた新発想の防災アイテムが販売中。

防災ガールが「海と日本プロジェクト」の一環として展開中の「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」オフィシャルアイテム、「#beORANGEミサンガ」と「#beORANGEラウンドタオル」がそれだ。

No image

普段からも着用できる「#beORANGEミサンガ」1400円(税別)に採用している、耐久性と強度に優れたパラコードという素材は、止血帯やデンタルフロスといった多様な用途に応える機能を備えている。さらに、2017年版は、暗闇でも光る蓄光機能と、ファイヤースターター(火打ち石)も搭載。用途は、笛の他、火おこし、ものほし、シェルター、デンタルフロス、止血帯、着火剤、救助の合図、靴紐などとなっている。

No image

「#beORANGEラウンドタオル」3400円(税別)は普段はレジャーシートやブランケットとして使える他、緊急時には裏返して津波を知らせる「オレンジフラッグ」としても使える。またビーチシートとして砂浜に敷いたり、体に巻いて着替えることができたりする。用途は、タオルケットをはじめ、オレンジフラッグ、ブランケット、ソファーカバー、ラグマット、ピクニックシート、ヨガマット、タオルケット、テーブルクロス、ベッドスローなど。表面は今年の流行のアビスブルーと海の朝焼けをイメージしたパープルピンクの華やかなタイダイ柄、裏面は鮮やかなオレンジ色。

No image

備えあれば患いなし。ぜひ購入して、災害や事故に備えたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
可愛い顔して見事な爆煙。話題の加熱式ビタミンフレーバー「ビタフル」を吸ってみた:電脳オルタナティヴ
SNSの自撮り写真は信じちゃダメ!? マッチョマンが『5秒で撮ったビフォー・アフター写真』であっさり証明
集団食中毒事件を手掛けてきたプロが個人的に絶対食べない食品6選(アメリカ)
スマホを持たない女子高生が触っていたものは? 「切なくて泣きそうになった」「数年前までやっていた」と共感集まる
「ステージ4の肺がん」宣告受ける数時間前の写真をFacebookに投稿した英女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加