ホンダ、中国センスタイム社と自動運転のAI技術を共同開発へ

ホンダ、中国センスタイム社と自動運転のAI技術を共同開発へ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/07
No image

センスタイム社(Webサイト)

本田技術研究所は12月7日、中国のセンスタイム社と自動運転の人工知能(AI)技術に関する5年間の共同研究開発契約を締結したと発表した。

センスタイム社は、AIの最先端技術の一つであるディープラーニングを用いた画像認識、特に移動体を認識する技術を得意とする企業として、世界で高い評価を受けている。

共同研究開発では、センスタイム社が持つ「移動体認識技術」と、ホンダの「シーン理解」「リスク予測」「行動計画」といったAIアルゴリズムを融合。AIアルゴリズムを学習するための大規模計算技術や、AIプログラムを車載コントローラーへ実装する技術を共同研究し、複雑な交通状況の市街地でも走行を可能にする、より高度な自動運転技術の開発を目指す。また共同研究開発の領域は、自動運転だけでなく、今後ロボティクスにも拡大していく予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ポルノの主戦場が雑誌・DVDからオンラインへと進化することよって環境負荷が上がっている可能性
アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
とにかくスゴい!DIME最新号の特別付録『3DIMENSIONS VR GLASS』の遊び方
ドコモ「ジョジョスマホ」、1万台限定で発売 12万円
SONYのサウンドバー、AppleTVに男泣き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加