ソフトバンク岩崎が9日ぶりブルペン「首は大丈夫」

ソフトバンク岩崎が9日ぶりブルペン「首は大丈夫」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/13
No image

ブルペンで投球する岩崎翔(撮影・栗木一考)

首痛で別メニュー調整を続けていたソフトバンク岩崎翔投手(28)が13日、宮崎キャンプで本格的なブルペン投球を9日ぶりに行った。40球、変化球も交えセットポジションでも投げた。

「力強く腕も振れた。首は大丈夫。あとはフォームを微調整すればいい。そんなに遅れたとは思っていない」と明るい表情で話し、焦りは感じさせなかった。

今後もブルペン投球を重ね、実戦へと進む予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷とDH併用のプホルスが7キロ減量
清宮、中村、安田――注目の高卒ドラ1トリオの“本当の評価”
ポンタ オリックス伊藤に「渡したいものがある」
藤沢五月、快勝も切り替え「やるべきことに集中」
打者心理でみる「松坂大輔がよみがえる唯一の方法」を名コーチが説く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加