国民栄誉賞励みにさらなる境地...羽生竜王「限界に挑戦したい」

国民栄誉賞励みにさらなる境地...羽生竜王「限界に挑戦したい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/14

将棋の羽生善治竜王(47)と囲碁の井山裕太7冠(28)が13日、首相官邸で行われた国民栄誉賞授与式に出席した。羽生は永世7冠の資格を昨年末に獲得し、井山は全7タイトルを2度にわたって独占する、ともに史上初の快挙を達成したレジェンド同士。式後の記者会見ではにこやかに対応した羽生に対し、井山は生真面目なコメントに終始するなど、個性あふれる受け答えを展開した。

No image

記念の盾を手に笑顔の羽生善治竜王(左)と井山裕太七冠

長女・舞花さん(20)を同伴した羽生は満開の笑顔だった。記念盾を抱えながら安倍首相との記念撮影。「今まで表彰を受ける機会はかなりあったと思うんですけど、今日は、ちょっと緊張しました」とユーモアを交えて振り返った。

誰もが簡単に手にすることのない栄誉。「改めて大変名誉ある賞を頂いた。これを大きな励みとして引き続き棋士として前向きに進んでいかなくてはという決意を新たにしました」と流れるように感慨を口にした。記念品の雨端硯(あまはたすずり)や熊野筆については「筆を使って書く機会が多いので、とても素晴らしい書に関する一式を頂きました」と感謝の弁を述べた直後に「ただ記念の品なので、もったいなくて使えるような感じはないかなと思っています」とサービス精神たっぷりの一言を付け加えた。

「年代が上がっていっても残せるものとか、指せる将棋というのもある。自分なりにできる限りの限界に挑戦していきたい」。柔らかなまなざしの奥に向上心の炎をちらつかせていた。

◆羽生 善治(はぶ・よしはる)1970年(昭45)9月27日、埼玉県所沢市生まれの47歳。故二上達也九段門下。82年六級で奨励会入りし、85年に四段昇格し史上3人目の中学生プロに。89年竜王戦で初タイトル獲得。96年王将戦で初の全7大タイトル同時制覇を達成。2017年12月に史上初の永世7冠を達成した。タイトル獲得は歴代最多の通算99期、現在竜王位と棋聖位の2冠。通算1960局で歴代2位の1394勝564敗(持将棋2)、勝率.712。96年内閣総理大臣顕彰。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フィギュア・アイスダンスの韓国ペア、衣装はだけるハプニング<平昌五輪>
韓国脱げずにフランス脱げた「最悪の悪夢が起きた」
ミタパン、羽生の神対応を明かす 「疲れたよ~」とこぼすもカメラ回ると...
羽生結弦選手の“心を支えた曲”ベスト3! 1位はあのアニメの曲
仏ペア、ホック外れるハプニングも2位でフリー進出/フィギュア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加