最新ランキングをチェックしよう
「日本化」の集大成となったザックJ。岡田Jからの昇華。W杯を勝ち抜くこととの乖離【西部の4-4-2戦術アナライズ】

「日本化」の集大成となったザックJ。岡田Jからの昇華。W杯を勝ち抜くこととの乖離【西部の4-4-2戦術アナライズ】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/10/20

2010年から2014年まで日本代表監督を務めたアルベルト・ザッケローニ氏【写真:Getty Images】
日本のサッカーを尊重したザッケローニ アトレティコの躍進を受けて、復活の感がある4-4-2システム。Jリーグで頻繁に採用される一方で、意外にも日本代表ではそれほど使われてこなかった。だが、ザッケローニ監督時代は3-4-3をオプションとして備えながらも、4-4-2の変形システムである4-2

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
与えられた“自由”をどう活かすか、悩む全日本大学選抜...「もっとチームにならないと」
C大阪は収穫強調...柿谷「この引き分けには意味がある」
「真面目に一生懸命やる子が多い」西武台、桐光学園に会心の勝利
[MOM2057]西武台FW秦丈司(2年)_繰り返しのランニングとパワーで奮闘、「敵にインパクト与えた」ストライカー
相手の注目MFには「絶対にやらせない」。西武台はSBからボランチ復帰のMF清野が存在感
  • このエントリーをはてなブックマークに追加