ネーサン・チェンが史上初の4回転5種類ジャンパー

ネーサン・チェンが史上初の4回転5種類ジャンパー

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16
No image

フリースケートで演技をするネーサン・チェン(撮影・菅敏)

<フィギュアスケート:USインターナショナルクラシック>◇第2日◇15日◇米国・ソルトレークシティー◇男子フリーほか

SP首位のネーサン・チェン(18=米国)が、フリーで4回転ループに初めて成功し、183・24点、合計275・04点で優勝した。チェンは、既に試合でルッツ、フリップ、サルコー、トーループと4種類の4回転を成功させており、これで史上初の4回転5種ジャンパーとなった。

この日は、4回転ジャンプは冒頭のループと、続くルッツの2本のみ。だが、試合前に提出した予定表には、<1>4回転ルッツ-3回転トーループ、<2>4回転ループ、<3>4回転フリップ、<4>4回転トーループ-2回転ループ-3回転フリップ、<5>4回転サルコー、と、4回転5種5本のプランを記していた。この構成は「今すぐではないけど、たぶんやると思う」と宣言。昨季優勝した4大陸選手権で既にフリー4回転5本のプログラムを成功させているが、より得点の高い構成となり、平昌五輪でも怖い存在になりそうだ。

フリーの曲は、映画「小さな村の小さなダンサー」から。同映画は、中国が生んだ名バレエダンサー、リー・ツンシンの半生を描いたもので、中国にルーツを持ち、幼少期からバレエで鍛えてきたチェンにぴったりといえる。チェンは「(振付の)ローリー(ニコル氏)が自分に合わせて選んでくれた。とても感動するプログラム」と気に入っている様子だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三原、悔しさと収穫=オータム・フィギュア
羽生結弦フリー精彩欠き2位 3回転半転倒などミス
羽生結弦 約3年ぶりの150点台...自己ベストからマイナス67点「もどかしい」
三原2位「ノーミスの舞依」はまたお預けに
<フィギュア>羽生結弦がSP歴代最高得点を更新!中国のファン熱狂=「もはや帝王」「彼との結婚がまた遠のく...(泣)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加