国旗燃やせば刑務所...トランプ氏主張に波紋

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01

アメリカのトランプ次期大統領が、国旗を燃やす抗議活動について市民権を剥奪するなどの刑罰を課すべきと主張したことに対し、波紋が広がっている。

トランプ氏は先月29日、ツイッターに「国旗を燃やせば市民権剥奪か刑務所行きだ」と書き込んだ。大統領選でトランプ氏が勝利したことに抗議して、国旗を燃やす行為があったことを念頭においたものと見られる。

これに対しホワイトハウスのアーネスト報道官は、「表現の自由は憲法で保障されており、我々はその権利を守る責任がある」と述べ、トランプ氏を批判した。

アメリカメディアによると、連邦最高裁判所は過去、国旗を燃やす行為を憲法上、守られる権利として認めているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ごめん、無理っ!! 旦那にしたらヤバいと思う男の職業・6つ
嵐・相葉にそれを言う?80年代アイドルの娘が放った失礼発言にファンが不快感
小林麻央「前入院先」病院の担当医が極秘退職したワケ
性感染症ポスターが神ってる! 厚労省、梅毒患者5倍に危機感
【正答率1%だと!?】解けたらIQ167の問題が話題に!あなたは天才か、それとも凡人か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加