リアルミュートが印象に残った巨人の打者は?

リアルミュートが印象に残った巨人の打者は?

  • ベースボールキング
  • 更新日:2018/11/09
No image

MLBオールスターチームの一員として『2018日米野球』に参加するリアルミュート

2018日米野球・エキシビションゲーム
● 巨人 6 - 9 MLB選抜 ○
<11月8日 東京ドーム>

MLBオールスターチームの『7番・捕手』でスタメン出場したリアルミュートが、巨人の印象に残った打者について語った。

リアルミュートは「きょう対戦した相手の中では名前はわからないが、3番と4番を打っていた2人は非常に優れている打者だなという印象を持った」とこの日、『3番・遊撃』で出場した坂本勇人、『4番・指名打者』で出場した阿部慎之助の名前を挙げた。

リード面についてリアルミュートは「正直に言って、今回一緒に来ている投手たちをリードしたこともないし、受けたこともない。そういった中で彼らの強みであったり、弱点を知ることは難しかった」と嘆いた。

「さらには日本の打者のことも自分の中には知識がほとんどないので、こうなると、やはりできることというのは、投手たちのしっかりとコミュニケーションをとって、彼らがどういった攻め方をしたいのか、どのような投球をしたいのかを引き出し、それを1打席1打席活かしていって一番良い形を導き出すということをすべきだと考えてやった」。難しい環境ではあったが、なんとかチームを勝利に導いた。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『消えた天才』に元平安・川口知哉氏が登場 プロ未勝利で引退の真相とは
札幌ドーム、日ハムの要求を無視し続け“見捨てられ”移転...札幌市天下り職員たちの暴挙
中日・与田新監督、背番号は「92」 伊東勤ヘッドは「91」 首脳陣の背番発表
スポーツ紙が報じない「千葉ロッテ・丸佳浩」が誕生するたった1つの理由
高橋由伸、川上憲伸と肩を並べながら消えた大学BIG3の今を大追跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加