ボクシング 和気慎吾が9・13に大阪で世界前哨戦「2度目の世界挑戦だけが目標」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/17

ボクシングのFLARE山上ジムは10日、元OPBFスーパーバンタム級王者の和気慎吾が9月13日、エディオンアリーナ大阪で行われるダブル世界戦のアンダーカードで世界前哨戦(8回戦)を行うと発表した。和気は昨年7月、世界挑戦に失敗。7月19日に瀬藤幹人(協栄)に5回TKO勝ちで再起した。

対戦相手はWBA世界バンタム級7位のパノムルンレック・CPフレッシュマート(タイ)。50勝(31KO)2敗、33歳のサウスポーで、13年4月に大阪で亀田興毅の持つWBA世界バンタム級タイトルに挑戦し2-1の判定で敗れる。今回が2度目の来日となる。現在14連勝(12KO)中の手ごわい相手だ。

和気はジムを通じて「2度目の世界挑戦。それだけを目標に日々、ジムワークに励んでいます。今回、世界ランカーとのカードを用意してくれたジム・スタッフに、心から感謝しています。皆さんのご期待に副(そ)えるよう、もう一度、和気慎吾に世界戦を!そう皆さんに言ってもらえるような試合にします。応援よろしくお願いします」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ウルティモが30周年大会で“トランプ支持者”アドニスを退治
打倒・三宅の一番手 柳田瑞季、重量挙げ女子48キロ級
松本人志「タオルは愛情」山中TKO負けで私見「やむなしかな」
亀海が実戦練習打ち上げ 「全てやった」と胸張る
【快挙】WWE「中邑真輔」がサマースラムのメインに出場決定! 例えるならヤンキース松井秀樹レベルの偉業!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加