ドラマ「絶対零度」上戸彩・不在の期待外れに視聴者は不満爆発

ドラマ「絶対零度」上戸彩・不在の期待外れに視聴者は不満爆発

  • まいじつ
  • 更新日:2018/07/10
No image

(C)まいじつ

7月9日にフジテレビ系列で連続ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の初回が放送された。前シリーズまで主演を務めていた上戸彩の出番がごくわずかだったことから、視聴者は「がっかりした」と批判を強めている。

【関連】上戸彩がシリーズドラマ主役「電撃降板」の理由ほか

今回の絶対零度では、これまでのシリーズで脇役だった沢村一樹が主役を務め、上戸の演じる桜木泉は行方が分からないという設定だった。横山裕の演じる山内徹が、かつてバディだった桜木の行方を追っている。

そして、初回放送には武井壮がゲスト出演し、クラブ経営者の富樫を演じた。表向きはクラブ経営者だが、裏では出会い系風俗など違法スレスレの業種に手を出している人物で、ドラマでは未然に犯罪を察知し食い止める警察のシステムが富樫を要注意人物としてピックアップ。殺人を犯すのではないかと察知し、捜査に動いた。

だが、富樫は仲間内のトラブルで殺害され、テレビには死んだ富樫の姿が映った。さらに富樫はドラマ終了前の回想シーンで登場。富樫が拳銃を仲間に向けて取っ組み合いに発展した末、逆に発砲されて殺されるシーンが映し出された。

「上戸彩が出ないなら見ない」の声

さらに上戸演じる桜木も、ベトナムで焼死体となって発見されたとの報が伝えられた。武井や上戸の大立ち回りを期待していた視聴者は、ツイッターでドラマの内容を批判する投稿をしている。

上戸の不在に関しては、次のような投稿が殺到。

《私の好きだった絶対零度じゃなくなっとる…上戸彩死なせないでもらえませんか》《初回で死んだし、バックグラウンドだしもう見る気ない》《悪くないんだけど、無理に絶対零度の続編にしなくてもいいのでは》《上戸彩がちょい出なら タイトル変えて欲しかった もう絶対零度じゃない》

また、武井が持ち前の身体能力などを発揮せずに死に役を演じたことに関しても不満が書き込まれていた。

《いやいや、武井壮はそんなん失敗するわけがない》《日頃が日頃だけにご遺体役だけはほんまハマらん》

上戸が不在で武井の活躍もなしではドラマに魅力が足りないと思っている視聴者が多そうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中居正広に明石家さんまがブチギレ! “共演NG”のウワサはやっぱり本当だった?
明石家さんまが「円形脱毛症」?視聴者から心配の声相次ぐ
「絶対零度」第3話ゲストは佐野岳、学生起業家役
闇に葬られた「放送禁止」作品(2)草なぎ剛、キムタク、井ノ原快彦、堂本剛も巻き込まれて...
【放送事故伝説】クイズ番組で出題ミスが続々? 同一番組で3問も...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加