樋口新葉は自己ベスト74・26点でソチ銅コストナー抑え首位発進 ロンバルディア杯SP

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15

「フィギュアスケート ロンバルディア杯」(14日・イタリア、ベルガモ)

女子ショートプログラム(SP)が行われ、18年平昌五輪出場を狙う樋口新葉(16)=日本橋女学館高=は、今季初の国際大会に挑み自己ベストを大きく更新する74・26点で、首位発進を決めた。2位はソチ五輪銅メダリストのコストナー(イタリア)で71・67点、3位にはザキトワ(ロシア)が71・29点でつけた。松田悠良(19)=中京大=が65・62点で4位につけた。

樋口は冒頭のダブルアクセルを軽々と決めると、後半の3回転ルッツ-3回転トーループ、3回転フリップもしっかりと決めた。SP「ジプシーダンス」の激しい舞を演じきった。上々の内容に演技後は笑顔も浮かんだ。

樋口のこれまでのSP自己ベストは、今年4月の国別対抗戦での71・41点だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生SP世界最高「後半マックス」の構成に自画自賛
伝説のバトン言葉を部屋に飾る/羽生とっておきメモ
羽生結弦フリー精彩欠き2位 3回転半転倒などミス
三原、悔しさと収穫=オータム・フィギュア
<フィギュア>羽生結弦がSP歴代最高得点を更新!中国のファン熱狂=「もはや帝王」「彼との結婚がまた遠のく...(泣)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加