村田諒太の嘆き「また今年も出られない」長男運動会

村田諒太の嘆き「また今年も出られない」長男運動会

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16
No image

エンダムとの再戦に向けスパーリングを始めた村田(撮影・鈴木正人)

ボクシングのWBA世界ミドル級1位村田諒太(31=帝拳)が15日、同級タイトルマッチ(10月22日、両国国技館)へ向け、都内のジムでスパーリングを開始した。5月の王座決定戦で不可解判定で敗れたエンダム(フランス)との直接再戦だが、一方で「また今年も出られない」と嘆くのは長男晴道君の保育園の運動会。一昨年、昨年の雨に続き、試合が近く“出番”なし。東洋大の後輩の桐生が100メートルで9秒98を記録した話題に「12秒ちょっと。結構速い」と自慢した足を息子に見せられなかった。

冗談交じりの様子には、「前回とは全く違う。自信を持って臨める。精神的にも落ち着いている」との言葉もうなずける。この日の3回の実践練習では接近戦の課題も出たが、「悪いところがでるのは良い」と余裕があった。体力面の不安から猛攻をためらった前回の反省から、直前まで高強度のインターバル練習を積む。息子にはリング上で息切れしない勇姿を見せる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
63キロ級津金恵「1つも落とせないし落とさない」
スタン・ハンセンの試合後の姿に、宮原少年はショック!――小橋建太の青春おすそわけ#6【宮原健斗vol.2】
松村邦洋30キロ減量で成人式以来のスーツ姿を披露
蝶野、繰り返されるリング禍に「使う側がルールを...」高山の頸髄完全損傷に沈痛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加