沼津「松福本店」のうまいラーメンはハマると病みつき......なのにチャーハンもこれまた秀逸!

沼津「松福本店」のうまいラーメンはハマると病みつき......なのにチャーハンもこれまた秀逸!

  • メシ通
  • 更新日:2017/11/13
No image

メシ通レポーターのYELLOWです。静岡県の東側はチャーハン王国である説……知っていますか?

筆者、仕事柄あちこちでチャーハンを食べるのですが、全国的に見ても静岡県東部はチャーハンがおいしいと思われ、お茶やウナギを推してる場合じゃないと感じています。

と、言う訳で今回は筆者のお気に入り「松福本店」のチャーハンを紹介したいと思います。

沼津漁港ら辺にある「松福本店」

No image

「松福本店」には支店もありますが、筆者が愛してやまないのは沼津漁港の入り口ら辺にある本店でございます。

沼津漁港と言えば今では観光地としても有名ですが、地元の人は海鮮丼よりも「松福本店」のラーメンを好んで食べている感じでしょうか。

No image

とにかくオープンから閉店まで客足が絶える事はなく、どんな時間帯でも必ず人が入っているというお店なのです。

とは言え、お店の外に行列が出来るほどかと言えばそうでもなく、地元のお客さんが多いので、あまりに混んでいる時は他に流れるので意外と店外に行列が出来る事はない、いわば日常使いのお店として認知されています。

チャーハンもおいしい「松福本店」

No image

そもそも、コチラの「松福本店」はラーメン屋さんでして、実は「うまいラーメン」もメチャうまいんですよね!

と、言う訳で多くの人はラーメンを食べるし、それに「半チャーハン」を追加するのが定着している感じです。

No image

お店に入って食券を買い、ラーメンとチャーハンの食券を同時に出すと、先にチャーハンが提供され、半分食べたくらいのタイミングでラーメンが来る感じですね。

あと、非常に大事な事なので最初に言っておきますが、「松福本店」のチャーハンは盛りがヤバイです。

No image

「半チャーハン」(400円)で普通のチャーハン、「チャーハン」(800円)で他店の大盛りチョイのボリューム感です。

ですので、「チャーハン大盛り」(1,200円)は、すでに「松福本店」のチャーハンを何度か食べていて、そのボリューム感を把握している賢者のみ、注文可能と言っても過言ではありません。

初公開!「松福本店」チャーハンの作り方

No image

今回、個人的に超イチオシの「松福本店」でして、店長さんにお願いし、チャーハンを作る所を撮影させていただきました。

No image

チャーハンの作り方って基本的にはどこも同じなのですが、多少はシークレットな部分もあるので、あえて細かい説明はしません!

No image

ですので、とりあえず写真を見てイマジンする方向でお願いします。

No image

まあ、ざっくり解説すると油慣らしをして油を戻し、再度調理に必要な油を入れてタマネギを炒め、カマボコ、チャーシューと具材を加えて炒めまくり、そこに卵、御飯の順で投入し味付け、炒めて炒めてネギを入れて炒めて完成です。(全部書いちゃった)

No image

もっとも書いたところで簡単にまね出来るかと言われれば、そこはやはり中華コンロがなければまね出来ないし、同じ味は出せません!

No image

つまり、「松福本店」のチャーハンが食べたければ「松福本店」に行くしかないのです!

No image

これだけの量の御飯をダイナミックに振ります!

No image

さらに激しく振ります!

No image

結局、最後は熟練の技が味の決め手なんじゃないでしょうか。

チャーハン大盛り(1,200円)

No image

どうでしょう?

ちょっと大きすぎてボリューム感がつかめないかもですが、御飯の量は1キロちょいちょいでしょうか。

No image

さまざまな「キロ飯」を食べた筆者の感覚では、1200グラムはないけど1100グラム前後と把握しています。

No image

つまり!

この「松福本店」の「チャーハン大盛り」は米1キロくらいペロリと食べられないと、そのステージに立つ事すら出来ないので、写真を見た瞬間に1㎜でも無理と思ったら「半チャーハン」で修行してください。

No image

もっとも、すでに「松福本店」のチャーハンを知っている筆者にとっては、この山盛りチャーハンも喜びでしかありません。

まず、おいしいチャーハンの定義ですが、世間では「パラパラチャーハンこそ至高!」みたいな風潮がありますよね。筆者に言わせればそれはメディアが作った幻想でして、本当においしいチャーハンの定義は、とにかく具だくさんである事だと思います。

No image

もちろん、あくまでもチャーハンとして基本となる具材がたくさんと言う意味でして、ネギ(タマネギでも可)、ナルト(カマボコでも可)、卵、チャーシュー(豚バラ肉でも可)、米のベーシックな構成こそ至高にして究極だと思っております。

特にチャーシューを用いる場合、わずかな醤油感も加わるために味が深くなる傾向があり、そこが味の決め手になる事も多々あります。

No image

と、言う訳で「松福本店」のチャーハンは大変おいしく、大盛りですらペロリございます。

No image

……うそです。

さすがにこのボリューム、甘くみてると完食不可ですので、気を引き締めて謙虚にいただく姿勢が大事かなと。

No image

ちなみに気になるスープですが、この日は和風なスープでした。

前はラーメンのスープだった時もあったので、多少ランダムな感じはありますが、意外と中華料理屋さんのチャーハンにある感じの素朴なスープではないようです。

うまいラーメンハーフ(550円)

No image

ラーメン屋さんに来ているのに、ラーメンを食べないレビューと言うのも業が深いと思うので、「うまいラーメンハーフ」を食べてみる事にします。

No image

結果、こんな感じのビジュアルですが、いかがでしょうか?

No image

通常の「うまいラーメン」のミニサイズ、具材の構成も本家と変わらぬ豪華なメンバーでして、まさにチャーハンと合わせるにはベストチョイスだと思います。

No image

「うまいラーメン」はざっくり言うと豚骨醤油、いわゆる家系ラーメンを彷彿させる味わいですが、より濃厚かつマイルドな仕上がりでして、家系ラーメンとはちょいと違うラーメンでございます。

No image

筆者、この「うまいラーメン」も大好きでして、特にキャベツがデフォルトで入っているあたり、豚骨が分かっていらっしゃると思いますね。

ごちそうさまでした!

「松福本店」 総評

No image

やはりラーメン屋さんなので初見であれば「うまいラーメン」は必食ですが、他にもさまざまなラーメンがあり、特に替え玉食べ放題の「とんこつラーメン」(750円)も外せないところです。

No image

もちろん、チャーハンだけを食べに来るのも全然アリです。チャーハンもちゃんと利益の出るイイ感じの値段が付いているので、チャーハン狙いのピンポイントも正解だと思います。

No image

是非、みなさんも沼津港ら辺に訪れた際には、この「松福本店」のおいしいラーメンとチャーハンを食べてみてください。

お店情報

松福本店

住所:静岡県沼津市千本港町57-1 ホワイトハウス1F
電話番号:055-951-7277
営業時間:11:00~16:00 18:00~24:00
定休日:無休
ウェブサイト:http://www.shofuku.jp/shops.html

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年9月の情報です。
※金額はすべて税込みです。

書いた人:YELLOW

No image

ラーメンからカツカレー、ハイカロリーな写真を武器に暗躍するフリーライター。なぜ痩せられないのか?

Twitter:@mossberg835 公式サイト:Food news

過去記事も読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダイエットはやっぱり食事から。手軽においしくできるタンパク補給レシピ
安くておいしい100円鍋! ローソンストアを侮るな
ご当地グルメが最強だと思う都道府県ランキング
【ヤミツキ必至】テレビで大反響の『ごはんにのせるとん汁』が激ウマ! 味噌汁専門店の本気の味はとにかくヤバイ!!
辻希美、食事ネタでやっぱり...愛情のこもった手作り料理にまたも批判の嵐
  • このエントリーをはてなブックマークに追加