WindowsアプリケーションをLinux・macOSで動かす「Wine 5.0」正式版リリース、バグ修正7400件以上を反映

WindowsアプリケーションをLinux・macOSで動かす「Wine 5.0」正式版リリース、バグ修正7400件以上を反映

  • GIGAZINE
  • 更新日:2020/01/22
No image

LinuxやmacOS、BSDなどでWindowsアプリケーションを動かすためのオープンソースソフトウェア「Wine」のバージョン5.0正式版がリリースされました。

WineHQ - News - Wine 5.0 Released

https://www.winehq.org/news/2020012101

No image

WineHQ - Wine Announcement - The Wine team is proud to announce that the stable release Wine 5.0

https://www.winehq.org/announce/5.0

Wine 5.0 Released With Numerous Gaming Improvements for Linux

https://www.bleepingcomputer.com/news/linux/wine-50-released-with-numerous-gaming-improvements-for-linux/

「Wine」という名称が「Wine Is Not an Emulator」に由来することからもわかるように、WineはWindowsエミュレーターや仮想マシンではなく、Windows APIを変換してWindowsアプリケーションを動かしています。

対応OSがWindows 7・Vista・XPのみの「Fallout: New Vegas」をWineで起動している様子はこんな感じ。

No image

Wineのメジャーバージョンアップは1年に1回行われており、このバージョン5.0正式版には、2019年に行われたバグ修正7400件などが含まれています。

主要な改善点としては「モジュールのPE形式でのビルトイン」「マルチモニターのサポート」「低レベルオーディオAPI・XAudio2の再実装」「Vulkan 1.1のサポート」などが挙げられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本の公道で乗れる!日本製電動スクーター「X-SCOOTER LOM」で超快適移動
500個ものChrome拡張機能が個人情報を盗んでいたことが判明、被害者は170万人を超える
2000台のiPhoneがダイヤモンド・プリンセス号の乗客に配布される
格安スマホmineoの「ゆずりあいサービス」と「月額350円使い放題」は本当に得なのか?
53%オフも!Amazonタイムセールで「バーベキューコンロ」や「LEDランタン」が今ならお買い得ですよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加