新十両天空海「修正してまた明日」初日黒星も前向く

新十両天空海「修正してまた明日」初日黒星も前向く

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

天空海(14年2月24日撮影)

<大相撲初場所>◇初日◇14日◇両国国技館

新十両天空海(あくあ、27=立浪)が初日に黒星を喫した。大翔鵬(23=追手風)に立ち合い負けする形で、押し出された。特に緊張もなかったという。それだけに「失敗した~。何でかな? もったいないですね」と首をひねった。

「低く当たればいいのに、ちょっとフワッとした。浮いて引いちゃいました」。幕下までとは違い、連日の15番をとる。序ノ口デビューから42場所目でつかんだ関取の戦いが始まった。「疲れはまだないですよ」と冗談を口にするなど、気落ちした様子はない。「修正して、また明日頑張ります」と前向きに話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白鵬、連敗で左足も負傷...稀勢に続き休場ピンチ/初場所
すぐに腰高、寂しい3敗=稀勢の里、また窮地-大相撲初場所
稀勢の里3敗目、質問にも「うーん」答えままならず
序盤の2横綱連敗は19年ぶり=大相撲
稀勢もう3敗...“休場危機”64年ぶり2横綱2日連続金星配給
  • このエントリーをはてなブックマークに追加