中日大島3000万円増 来季へ最多安打など決意も

中日大島3000万円増 来季へ最多安打など決意も

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

契約更改後に会見する大島(撮影・前岡正明)

中日大島洋平外野手(32)が14日、ナゴヤ球場で契約更改を行い、3000万円アップの1億8000万円でサインした。

昨オフ、国内FA権を行使せずに残留し、3年契約を結んだ。プロ8年目の今季は8月31日に死球を受け、右足腓骨(ひこつ)骨折し戦線離脱した。119試合に出場し476打数149安打、リーグ3位の打率3割1分3厘。チームトップでリーグ2位タイの23盗塁をマークし、シーズン途中から3番打者にも座った。「去年のオフから準備をしてきてシーズンの出だしは良かったので、最後のケガが痛かった。あれ(死球でのケガ)は避け方が下手だった。上手に避けられるようにしたい。毎年のように言っているけど、なかなか取れないので、来年は最多安打、首位打者、盗塁で1番を取りたい」と誓った。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
侍外崎が先制弾「勝つしかない」台湾林政賢打ち
稲葉ジャパン、アジアの頂点へ!決勝戦は巨人・田口が先発
巨人山口、中日平田...期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】
プロ野球「崖っぷち」松坂&村田の再就職先は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加