NASAから特報!貨物専用宇宙船「Dream Chaser」がテスト飛行に成功

NASAから特報!貨物専用宇宙船「Dream Chaser」がテスト飛行に成功

  • Techable
  • 更新日:2017/11/13
No image

NASAがかねてから進めていた、貨物専用宇宙船の開発計画。その最新型である「Dream Chaser」のテスト飛行が、11日に行われた。

・旧ソ連のシャトルをベースにシエラ・ネバダ社が開発

テストの概要は、ヘリコプターから本機を落下させ、空中滑走させた後、目的地のカリフォルニア・エドワーズ空軍基地着陸地帯へ、無事帰還できるかを確認するというもの。結果は、見事成功。正確な飛行で、関係者に実力を知らしめた。

「Dream Chaser」の製造元は、米国きっての航空機・宇宙船の開発製造会社、シエラ・ネバダ・コーポレーション。旧ソ連の宇宙飛行士乗船ロケットとして製造されたシャトル、BORシリーズをベースに、同社が開発したものだ。

入札当時、「Dream Chaser」には2社の競合が存在した。その後、強力なライバル(ボーイング社、スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ社)を押しのけ、その権利を勝ち取ったという経緯がある。

・フリーフライトの失敗を経て今回の成功へ

No image

しかし、ここに至るまでは、苦難の連続だったようだ。「Dream Chaser」は、2013年に一度、フリーフライトテストを行ったが、着陸装置の配備に問題があり、滑走路から脱落。損傷はごく軽微だったが、結果として失敗に終わっている。これを教訓に同社は、「Dream Chaser」の内部を、貨物のみに対応するよう再設計。2度のキャリーテストを経て、今回のテスト飛行に臨んだ。

このテストがNASA、シエラ・ネバダ社双方にとって、大きな弾みになったのは間違いない。順調にいけば、2年後の2019年には、宇宙空間へ打ち上げられる可能性も出てきているという。NASAの歴史に、また新たなストーリーが刻まれることだろう。

souce by NASA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
生きる化石ウナギザメ 凶悪な面構え! ポルトガルで捕獲
2018年は大地震が多発すると地質学者が警告、その理由とは?
世界史に「千葉時代(チバニアン)」爆誕へ、でも喜べない! 次のポールシフトで地球文明のガチ崩壊も... 恐すぎる大惨事予想4選
ありもしない架空の論文が、何百ものサイエンス系記事に引用されている
2018年は「巨大地震頻発」の年に、地球物理学者らが警告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加