関西1位は立命大、関学大に勝ち同率優勝/アメフット

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2019/11/10

関西学生アメリカンフットボール連盟は10日、万博記念競技場で、2試合を行い、全勝の関学大と1敗の立命大が対戦、立命大が18-7で勝ち、6勝1敗で、関学大と並び、同率優勝を決めた。

立命大は前半、3本のFGを確実に決めて、9-0とリード。関学大に第3Q、ランでタッチダウンを奪われ、2点差に迫られたが、第4Q、ファンブルリカバーでターンオーバーし、そこからの攻撃でタッチダウンを奪い、15-7。試合終盤にはダメ押しのFGを決めた。

立命大は当該対戦で関学大に勝ったため、関西1位での全日本選手権出場となる。

関学大が関西2位で、2敗で並ぶ関大に当該対戦で勝っている神戸大が関西3位で全日本選手権に出場する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“年収1億円弱”スノボ国母和宏の大麻逮捕、何が悪質だったのか
ウイイレ2020「ロングパス最強のゴールキーパー」10名
初ゴール含む3点を置き土産に交代した久保建英、戻ったベンチが静かだった理由を語る
ロナウジーニョ氏の技ありFK弾を見よ!バルサをCL決勝Tに導く先制弾
韓国紙、初お披露目の日本代表“新ユニフォーム”に再注目 「世界的な批判は避けられない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加