最新ランキングをチェックしよう
仮想通貨、信用崩壊で「暗号資産」に呼称変更...金融庁“お墨付き”テックビューロも流出事故

仮想通貨、信用崩壊で「暗号資産」に呼称変更...金融庁“お墨付き”テックビューロも流出事故

  • Business Journal
  • 更新日:2018/12/05

金融庁は9月25日、約70億円相当の仮想通貨を流出させた仮想通貨交換業者、テックビューロに対し、資金決済法に基づく業務改善命令を出した。同社への業務改善命令は3月と6月に続いて3度目となった。
 金融庁は、システム上のリスクを防ぐための管理体制の整備やマネーロンダリング(資金洗浄)対策の強化などを求めてきたにもかかわらず、巨額の仮想通貨の流出が起きた事態を重視し、3度目の業務改善命令を出した。
 

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アイリスオーヤマだけが「ヒット商品」を連発できる必然的理由
広告に“下着姿の男女”で物議、独「ヘルメット着用の呼びかけ」
コンビニ24時間見直し 世耕経産大臣に経済界が苦言
ルノー=フランス政府、ゴーンが築いた“日産の利益収奪システム”の全貌
チア風接客の「フーターズ」、国内運営会社が民事再生 「え?困る!」反応出るも営業継続
  • このエントリーをはてなブックマークに追加