今平、4位で19年好発進!「日本の賞金王だし、上位に行きたい」/米男子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2019/01/12

ソニーオープン・イン・ハワイ第1日(10日=日本時間11日、米ハワイ州ホノルル・ワイアラエCC=7044ヤード、パー70)昨季日本ツアー賞金王の今平周吾(26)=フリー=が7バーディー、2ボギーの5アンダー65をマークし、首位に4打差の4位と好発進した。松山英樹(26)=LEXUS=は1アンダー69で52位。9アンダー61のアダム・スベンソン(25)=カナダ=が首位に立った。日本勢は他に小平智(29)=Admiral=ら計7人が出場している。

2日前に念願の海外メジャー「マスターズ」に特別招待されることが発表されたばかりの今平が、年明け初ラウンドから力を示した。

「ショットは一日を通してすごく良かった。いいスタートが切れた」

アウトから出て、2番で2打目を1メートルにつけて初バーディー。パー4の8番では残り136ヤードから8番アイアンで30センチにつけるスーパーショットで、3連続バーディーにつなげた。勢いに乗って、13番からも3連続バーディーだ。

「こっちの気候に慣れてきたのかな」と満足げな表情。日本から観戦に訪れたギャラリーも多く、「やっぱり声援はうれしい。日本の賞金王だし、この試合でも上位に行きたい」。4月の「マスターズ」を前に、米ツアー初優勝を果たして弾みをつける。

7位発進の星野陸也「クラブ選択とかコースマネジメントがうまくいった。途中で今平さんが5アンダーなのを見たので、僕も頑張ろうと思った」

89位発進の小平智「ショットはいいけどグリーン上がなかなかかみ合わなかった。2日目はいっぱいバーディーを取っていくしかない。がんがん攻めたい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
石川遼、1アンダーで終了 一時首位も大きく後退
フィル・ミケルソンが優勝に王手 世界1位のジャスティン・ローズは29位
「自分との戦いを続けていきたい」開幕戦で感じた石川遼の手応えと課題
藤本佳則が12年以来の全英OP切符獲得「今年はもっともっと頑張りたい」
<速報>石川遼は「75」で開幕戦終了...J・ジェーンワタナノンドが首位快走、藤本佳則は3打差追走
  • このエントリーをはてなブックマークに追加