「Microsoft for Startups」でスタートアップ支援 - 今後2年で5億ドルを投資

「Microsoft for Startups」でスタートアップ支援 - 今後2年で5億ドルを投資

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/15
No image

Microsoftは2017年2月14日(現地日時)、IT技術の利用や市場へのアクセス、コミュニティのメリットを提供する新プログラム「Microsoft for Startups」を開始したことを、公式ブログで明らかにした。

Microsoft for Startupsは新しい顧客やチャネルパートナーとスタートアップを結び付け、グローバルなエコシステムを作り上げることを目的としたプログラム。参加企業は無料のMicrosoft Azureクレジットやエンタープライズクラスのテクニカルサポートを最大12万ドルまで享受できる。また、Office 365やMicrosoft Dynamics 365といったツールの利用も合わせて可能だ。

さらに複合現実の普及を目指す活動拠点「Microsoft Reactor」や、マーケティングやテクニカルサポートを提供する「Microsoft ScaleUp(旧Microsoft Accelerators)」、ベンチャーキャピタル投資を行う「Microsoft Ventures」も利用できる。Microsoftは本プログラムを実施するため今後2年間で5億ドルの投資を予定している。

阿久津良和(Cactus)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
先週のサイバー事件簿 - 感染スピードが早い「ラピッドサイバー攻撃」に注意
4万円でWQHD、144Hz対応のゲームモニターをPixioが発売。こだわりのTNパネルで3辺狭額縁
シャープの大人気ロボット電話機『RoBoHoN』に命が吹き込まれる製造現場に潜入
週刊アスキー No.1166(2018年2月20日発行)
ディズニー、スマホでパーク入園可能に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加