最新ランキングをチェックしよう
ガチガチだった紀平と坂本。悔しい今季最後の演技は進化の糧に

ガチガチだった紀平と坂本。悔しい今季最後の演技は進化の糧に

  • Sportiva
  • 更新日:2019/04/15

世界フィギュアスケート国別対抗戦の最終日。最終種目の女子フリーでは、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)とブレイディ・テネル(アメリカ)が完璧な滑りを見せて、それぞれ153.89点と150.83点で1位と2位を獲得した。一方、日本の紀平梨花と坂本花織はチームの銀メダル獲得に貢献したが、坂本が3位で紀平は5位、と悔しい結果に終わった。 ショートプログラム(SP)3位で10番滑走だった坂本は、最初

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
高梨沙羅の“変化”にネット騒然...「前の方が良かった」「擁護できないよ」
兄から結婚相手を紹介された女性 まさかの人物に「認めたくない」と怒り
「日本がスコットランドを吹き飛ばした」地元紙報道
エロさは何点だ~? テレ東・森香澄アナ、『カラオケ★バトル』抜擢で”隠れ巨乳”が全国区に
地震国・日本から告げる、韓国なにやってんだ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加