西武鬼崎は現状維持「辻監督を胴上げしたい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01

西武鬼崎裕司内野手(33)が1日、契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸2300万円でサインした。

79試合に出場し打率2割5分3厘、1本塁打、17打点。「特に前半戦は攻撃面の調子がよく、試合に使ってもらえた」と話す一方、守備面で「試合の行方にかかわるミスもあって、出場機会を減らしてしまった」と反省した。

来季は同じ佐賀県出身の辻監督が指揮を執る。「同じ背番号をつけさせていただいているし、お世話にもなっていた。辻監督を胴上げしたいという気持ちは強いです」と恩返しを誓った。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ
阪神鳥谷、苦難の現状打破「もう一度レギュラーを」
G杉内現状維持5000万円「2桁勝てる自信はあります」
大谷翔平の年俸を支えられない? 東尾修が語る球界の“お金”事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加