最新ランキングをチェックしよう

西武鬼崎は現状維持「辻監督を胴上げしたい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01

西武鬼崎裕司内野手(33)が1日、契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸2300万円でサインした。
 79試合に出場し打率2割5分3厘、1本塁打、17打点。「特に前半戦は攻撃面の調子がよく、試合に使ってもらえた」と話す一方、守備面で「試合の行方にかかわるミスもあって、出場機会を減らしてしまった」と反省した。
 来季は同じ佐賀県出身の辻監督が指揮を執る。「同じ背番号をつけさせていただいているし、お世話に

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ノムさんがWBCを斬る! 敵を知り、己を知る。国際試合だからこそ重要なスコアラーの存在
巨人田原誠次が結婚、すでに同居 6歳児のパパに
「負けた理由は監督と言うことを聞かないコーチ」張本氏の猛批判に物議
張本勲氏 侍ジャパン敗因は「小久保監督と打線」
賭博、薬物、不倫...スキャンダルまみれの「巨人の闇」をこの男が斬る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加