夫との性生活をもとにネットで文章を書くのは...男性としては嫌?|性活相談

夫との性生活をもとにネットで文章を書くのは...男性としては嫌?|性活相談

  • 女子SPA!
  • 更新日:2018/02/14
No image

AV男優・森林原人の性活相談第112回】

経験人数9,000人、出演本数10,000本以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。

◆夫との夜のことをベースにしているものも…

相談者:匿名・既婚・30代後半

いつも楽しく記事拝読しています。結婚10年の30代後半で、同世代の夫と二人の子どもに恵まれています。夫婦生活は週に数回ありとてもうまくいっていると思います。

ひょんなことから、いわゆる二次創作というものの世界を知って、あるジャンルであるキャラクターのエロ小説をネットで公開しています。フィクションですが、夫との夜のことを少しベースにしてるものもあったりします。たぶん、ちょっと変わったかたちの露出狂的な性癖が自分の中にあるのかな、と思います。

もし森林さんのパートナーが、自分とのイチャイチャを文章にしてネットに出していると知ったら、嫌な気持ちでしょうか? 夫はこのようなオタクっぽいものに理解はあまりなさそうです。

◆森林の回答

僕の場合、仕事柄セックスしている姿をさらしているので、たとえプライベートの性生活だとしても、文章にしてネットに出されても嫌な気持ちはしません。万が一内容が情けなく惨めだったりしたら、嫌な気持ちというよりは営業妨害といった心持ちでしょうか。

◆セックスは究極のプライバシー

一般男性の場合は、たとえ称賛するような内容だったとしても、嫌な気持ちになる可能性は大いにあります。それは、セックスの前提に反しているからです。多くの人にとって、セックスする際の暗黙の了解は、お互いに気を許し合った2人の間だけの出来事で、外部に言い漏らすものではない、ということです(もちろん、DVや性暴力といった犯罪の場合は話が変わってきます)。

セックスは究極のプライバシーだという言い方もされるくらいですから、夫婦の営みだったとしても、相手の個人情報を預かっていると考えるべきなのです。なので、匿名性が高い露出の仕方だったとしても、ご主人が自分の個人情報がさらされる可能性を少しでも感じ、嫌な気分になることは大いにあります。そのうえ、2人の秘密であると思っていたことを漏らしたあなたに対する信用もなくなります。

◆相手がイヤがることは早めに謝罪を

二次創作だから、ベースにしているだけだから、と思われるかもしれませんが、漏らされた側がどのように感じるかが重要になってきます。実際に被害が起きたかどうかではなく、被害者意識が問題になります。あなたは心配りのできる方で、ご主人が嫌な気持ちになるかもなと思いやることができたから、こうやって僕に相談をしてくれたのでしょう。こういったことは、できるだけ早く非を認め謝っておく方がいいです。夫婦というこの先も長い時間を共にするであろう間柄ならなおさらです。謝り方の一例を提案しますので、ご自身でアレンジするなりしてみてください。

「趣味の創作活動にのめり込むあまり、私たちのセックスをネタに使ってしまいました。もちろん私たちが誰だかわからないようにしているつもりだけど、あなたに一言断りを入れるべきでした。ごめんなさい」

夫婦仲が良いとのことなので、おそらく怒られたり責められたりすることはないでしょう。でもそれは、プライバシーを無断でさらしたことを許したわけではなく、あなたの趣味の創作活動を応援したい気持ちが強いからだと思ってください。

◆“オタク”に負い目を感じなくていい

あなたはこの相談で2つのことに対して負い目を感じています。1つはセックスをネタにしたこと。もう1つは二次創作にのめり込んでいること。前者の話はもうしました。ここから先は後者に関してです。オタクっぽい、二次創作のエロ小説、大いに結構! そこに負い目を感じることはありません。ちょっと変わった露出狂的な性癖と思っているようですが、僕からしたら純粋な創作欲です。自分の中にあるものを形にして表現したいという純粋な欲求です。

二次創作の世界は少ししか知りませんが、知る人ぞ知る世界という日陰ならではの特別感が気分を盛り上げ、のめり込ませる原動力の1つになっていると思われます。ですが、一番大切な存在であるご主人には、趣味を受け入れ、無理のない範囲で応援してもらえた方がいいです。イベント等に参加する時、子供の面倒を見てもらうとか、そういった応援の仕方です。もちろん、ご主人に趣味を押し付けてはダメですよ。

二次創作、素敵じゃないですか。元ネタへの敬意や、作者の権利や利益を損なわないよう細心の注意が必要ですが、元ネタへの愛情と溢れる創作意欲のフュージョンが素晴らしい作品を生み出すことでしょう。

二次創作ではありませんが、今僕がはまっているのは「#魔女集会で会いましょう」です。創作活動は無限の可能性と広がりを持っています。その魅力に気づけたなら、その深みにとことんはまってください。

最後に、あなたにではなく、ご主人に一言。奥さんの創作活動を本気で応援するのなら、自分や身の回りのものがネタにされるのは仕方ないと諦めてください。創作者の伴侶や理解者とはえてしてそういうものです。芸術家の想像力をかきたてたミューズとして誇りに思ってください。

自信作がありましたら、ぜひご紹介ください。楽しみにしています。

<TEXT/森林原人>
【性活相談者を募集!】
森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム(https://joshi-spa.jp/inquiry)まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。

【森林原人/モリバヤシ ゲンジン プロフィール】
1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に「イケるSEX」(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とオンラインサロン「森林公園」を運営。
★Twitter(@AVmoribayashi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリートを実名暴露
浮気を“された妻”は後を絶たない。友人が見つけた、腹立たしい夫の浮気の痕跡
佐々木希を夜の浅草に連れ出したら、神々しいまでに可愛くて辛くなった
有吉・マツコが「最強のコンビニ飯」を熱弁 「好き・嫌い」なコンビニ告白に視聴者反応
クロちゃん「真面目なこと」をつぶやいて炎上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加