「カスペルスキー セキュリティ」最新版、マルウェア対策を強化

「カスペルスキー セキュリティ」最新版、マルウェア対策を強化

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/12
No image

カスペルスキーは12日、マルチOS対応の個人向け総合セキュリティ製品「カスペルスキー セキュリティ」最新版を発表した。ダウンロード版とパッケージ版の2種類を用意し、価格は3,980円(1年1台ダウンロード版、税込)から。対応OSはWindows、Mac、Android、iOS。

「カスペルスキー セキュリティ」は、ランサムウェアなどのマルウェアから端末を保護する機能に加え、スパムメールや危険なWebサイト、不正バナー広告のブロック機能などを備える総合セキュリティ対策ソフトウェア。

今回発売する最新版では、Windows向けに、OS再起動時を狙って感染を広げるマルウェアを防ぐ機能を新搭載。また、セキュリティリスクのあるWebサイトをブロックする「危険サイト診断」を強化し、アドウェアやポルノウェアなど悪意のあるWebサイトを検知・ブロックできるようになった。

このほか、外出先の無線LANアクセスポイントの安全性を判断し安全性が低いと判断した場合ユーザーに通知する「無線LAN安全診断」機能を、従来Windowsに加え、Mac向けにも提供した。ラインナップと価格は下記の通り。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国の学食、顔認証での支払い導入!―浙江省
CiscoがAIと機械学習を用いてITの障害予測を助ける
GoogleカレンダーのWeb版がデザインを一新
WISDOM Xやウェアラブル脳波計、宇宙天気予報と未来を感じさせてくれるNICT – CEATEC JAPAN 2017
ページのリンク構造をツリー関係で表示するChromiumベースのブラウザ「Doogie」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加