宮市亮に天敵?「いつものDFと違った」「珍しいタイプ」

宮市亮に天敵?「いつものDFと違った」「珍しいタイプ」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/11/09
No image

ブンデスリーガ2部第13節が8日に行われ、10位ザンクト・パウリはホームで16位ボーフムと対戦し、1-1で引き分けた。MF宮市亮は右サイドハーフで先発フル出場したが、思うようにチャンスに絡めず。試合後、うまくいかなかった理由について語っている。

2試合連続のホーム戦でボーフムと対決したザンクト・パウリ。前半5分に先制ゴールを献上したが、同10分にMFバルデマル・ソボタが決めて同点に追いつく。しかし逆転には至らず、1-1でタイムアップを迎えた。

宮市は2戦連続でスタメン起用され、右サイドハーフを担当。だが、相手の左サイドバックに入ったブラジル人DFダニーロ・ソアレスとの1対1で持ち味を発揮し切れなかった。

試合を振り返り、「相手選手の対応がいつものDFと違うというか、結構早めに足を出してくる珍しいタイプだなと思いました。いつもは結構待ってくる選手が多いんですけど、まあブラジル人というのがあるのかもしれないです。去年ハンブルガーSVとやった時に左サイドバックに(ドグラス・)サントスという選手がいて、彼も同じようなディフェンスをしてきて今日も同じようなディフェンスで、ちょっと珍しいような感じでした」と、昨季に経験したマッチアップと重ねて苦戦の要因を分析している。

宮市は「なかなかチャンス作れなくて残念でした」と悔やみつつ、「まあ、1-1(というスコア)がフェアかなと思います」とドローという結果を受け入れた。ザンクト・パウリは勝ち点1を積み上げ、暫定8位に浮上。次節は22日に開催され、敵地でE・アウエと顔を合わせる。

●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2019-20特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コロンビア代表がハメスの怪我の状態を発表、左膝十字靭帯の炎症か
初ゴール含む3点を置き土産に交代した久保建英、戻ったベンチが静かだった理由を語る
韓国紙、初お披露目の日本代表“新ユニフォーム”に再注目 「世界的な批判は避けられない」
“年収1億円弱”スノボ国母和宏の大麻逮捕、何が悪質だったのか
グリーズマン吐露 「バルサで苦しむのは分かってた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加