ソフトB1位吉住背番号26 藤田学以来の球団高卒新人王へ 「出世番号」の一つ

ソフトB1位吉住背番号26 藤田学以来の球団高卒新人王へ 「出世番号」の一つ

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/12/06

ドラフト1位の吉住晴斗投手(17)=山形・鶴岡東高=の背番号が「26」に内定したことが5日、分かった。7日に福岡市内で行われる新入団会見でお披露目される。ホークスの高卒選手で最後の新人王となる藤田学氏(現プロスカウトチーフ)がつけていた番号。野手では三冠王・松中信彦氏が入団3年目までつけていた「出世番号」でもある。工藤監督の期待も厚い最速151キロ右腕が、ホークスの新たな歴史をつくる。

遠く東北、山形から福岡に来る右腕に、球団の期待が詰まった背番号が用意される。吉住に提示されたのは「26」。7日に予定される正式契約を経て決定され、直後の新入団会見で、工藤監督や招待されたファン60人の前でお披露目される。

「26」は、2010年に入団した川原が、育成契約に切り替わるまで6年間付けており、今季まで2年間は空き番号だった。来季で80周年の節目を迎える長い球団史の中で特に目を見張るべき存在は、1974年の入団から現役引退までの13年間「26」に袖を通した、通算72勝の藤田氏だ。

愛媛・南宇和高からドラフト1位で入団した右腕はプロ3年目に開花。1軍デビューした76年シーズンは11勝3敗をマークした。防御率1・98は村田兆治(ロッテ)の1・82に次ぐリーグ2位の好成績を残して新人王に輝いている。76年を含む3シーズン連続で2桁勝利を挙げた。ホークスで以後、高卒選手の新人王はいない。

野手でも松中氏が97年の入団から3年間背負うなど、ホークスの「出世番号」の一つだ。上位指名を推薦した工藤監督は「今はまだ細いところがあるけど体にバネがある。昔でいうと渡辺久信選手のように直球で押していける投手」と3度の最多勝を獲得した右腕と重ねるなど、最速151キロ右腕の持つ潜在能力への期待は大きい。

7球団が競合した早実高の清宮など、3度の抽選を外し、吉住がドラフト1位になった。残り物には福がある-。そんなことわざのような“立身出世”を期待させてくれる存在だ。「球団のエースと呼ばれる存在になるのが一番」と意気込む17歳。きょう6日に福岡を訪れ、施設見学など新人としてのスケジュールをスタートさせる。

=2017/12/06付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷翔平の「変化」に違和感 「エンゼルスなのにヤンキーかよw」
「ロシアの季節」閉幕 全国で約250のイベント
オリ金子が5億円、阪神福留は1000万減... 12月11日の主な契約更改
ニッチェ、アジアン、牧野ステテコら5組「THE W」ファイナルラウンドへ
工藤監督「父親らしいことしたい」ハワイV旅行出発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加