最新ランキングをチェックしよう
木と布地の経年変化。長く使うほど楽しめる京都「フィンガーマークス」の椅子

木と布地の経年変化。長く使うほど楽しめる京都「フィンガーマークス」の椅子

  • editeur
  • 更新日:2017/10/13

職人がいる家具店として、オリジナル家具の製作や家具の修理を手がける京都府宇治市のフィンガーマークス(finger marks)。そのオリジナルチェアの張地にミナペルホネンの生地を用いることで、木材とファブリックが経年変化し、長年使うほど魅力が増していく椅子が誕生した。画像を見る
使い続けると表面とは異なる色が現れるファブリックを使用
フィンガーマークスは、フィールドアロー株式会社が運営。もともとは

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
3日間しか買えない。セブンに500円の「ご褒美スイーツ」登場!
のん激変、大人っぽい雰囲気に「美人すぎる」の声
部屋で二人きりにまでなったのに、なぜ!?意中の男が、指一本触れて来なかった本当の理由
貴乃花親方『引退』の無責任な行動とチラつく景子夫人との「離婚」
「最もわいせつ」な絵画、ついにモデル判明 クールベ作「世界の起源」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加