最新ランキングをチェックしよう
木と布地の経年変化。長く使うほど楽しめる京都「フィンガーマークス」の椅子

木と布地の経年変化。長く使うほど楽しめる京都「フィンガーマークス」の椅子

  • editeur
  • 更新日:2017/10/13

職人がいる家具店として、オリジナル家具の製作や家具の修理を手がける京都府宇治市のフィンガーマークス(finger marks)。そのオリジナルチェアの張地にミナペルホネンの生地を用いることで、木材とファブリックが経年変化し、長年使うほど魅力が増していく椅子が誕生した。画像を見る
使い続けると表面とは異なる色が現れるファブリックを使用
フィンガーマークスは、フィールドアロー株式会社が運営。もともとは

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
弟に首を絞められた姉、その後死亡 「まさかの犯行動機」に批判が相次ぐ
『報道ステーション』の大阪地震報道が大炎上 配慮のないインタビュー、最後は政権批判の材料に...
<W杯>日本対コロンビア、中国人の勝敗予想は...!?
木梨憲武、本田圭佑にベンチ行きを推奨? その理由にサッカーファンから賛同の声
報道NGも 松井珠理奈の“暴走ぶり”が明らかになった,AKB総選挙の舞台裏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加