最新ランキングをチェックしよう
木と布地の経年変化。長く使うほど楽しめる京都「フィンガーマークス」の椅子

木と布地の経年変化。長く使うほど楽しめる京都「フィンガーマークス」の椅子

  • editeur
  • 更新日:2017/10/13

職人がいる家具店として、オリジナル家具の製作や家具の修理を手がける京都府宇治市のフィンガーマークス(finger marks)。そのオリジナルチェアの張地にミナペルホネンの生地を用いることで、木材とファブリックが経年変化し、長年使うほど魅力が増していく椅子が誕生した。画像を見る
使い続けると表面とは異なる色が現れるファブリックを使用
フィンガーマークスは、フィールドアロー株式会社が運営。もともとは

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本人で多い誕生日は「4月2日」!1番少ないのは...?
母から2000万奪った大銀行の"合法手口"
人生で一番優先したいことがわかる【心理テスト】棚の右上に置いたものは何?
デジタルアーティストが世界10ヵ国を戦士風に擬人化してみた。日本のイメージは「物静かで疑わしげな笑顔の男性」
「ベッドで勉強しよっか」 女子中学生にそう言われたら、こっちはこう答えるしかなかった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加