チャンギ国際空港第4ターミナル、JCインターナショナルエアラインズとベトジェットエアが乗り入れ

チャンギ国際空港第4ターミナル、JCインターナショナルエアラインズとベトジェットエアが乗り入れ

  • Traicy
  • 更新日:2018/02/16
No image

2017年10月31日に開業した、シンガポールのチャンギ国際空港ターミナル4の利用者数が160万人以上、発着便数が9,400便以上となったことを明らかにした。

1月25日から、カンボジアのJCインターナショナルエアラインズが乗り入れを開始し、プノンペン線を運航する。これにより、シンガポール〜プノンペン線は週38便に増加することとなる。カンボジアを拠点とする航空会社の乗り入れは、2005年以来初めて。

現在はターミナル3を発着するベトジェットエアも、3月6日から乗り入れを開始する。ベトジェットエアは2014年にホーチミン線を1日1便で乗り入れを開始し、その後1日2便に増便した。さらに、ハノイ線を1日1便乗り入れている。

2社の乗り入れによって、ターミナル4を発着するフライトは週28便増加し、11社が計21都市を結ぶことになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
税理士に頼まず確定申告、数年後に突然、税務調査で多額追徴課税!
4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きとは?
住友商事社長が語る、これからの「商社」のあり方
“働き方改革”掲げるヤマト運輸に是正勧告2本 悪質な勤務記録の改竄も
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加