ヤクルト・山田哲「大事を取って」コンディション不良で途中交代

ヤクルト・山田哲「大事を取って」コンディション不良で途中交代

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/26

◇セ・リーグ ヤクルト―阪神(2019年8月25日 神宮)

No image

<ヤ・神>3回1死一塁、一飛に倒れる山田哲(撮影・村上 大輔)

ヤクルトの山田哲人内野手(27)が、コンディション不良で5回守備から途中交代した。

試合後は荷物を持って自らの足で移動出来るくらいの状態で、「大事を取ってというところ。またあさって(27日・DeNA戦)」と、言い残して球場を後にした。病院での検査の予定もないという。

この日は「3番・二塁」で先発出場。ガルシアの前に初回の第1打席は遊ゴロ。3回の第2打席は1死一塁の場面で一飛に終わっていた。

小川監督も「大丈夫と思う」と話し、次戦は状態を確認して出場できるか判断する予定。

山田哲は14日のDeNA戦で2年連続の30号到達。23日の阪神戦では今季28個目の盗塁を決め、33盗塁連続成功の日本新記録を達成。4度目のトリプルスリーへの挑戦に注目が集まっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長嶋名誉監督が謹慎後電話で激励した山口の活躍絶賛
イスラエルに「魔法の手」日本人コーチが五輪導く
「キムタクがいればね...拓也聞いてるか」原監督語録
引退登板で有終のヤクルト・館山、26日に10度目手術「何かのためになるかも」
館山、畠山が涙の引退「宝物」ヤクルトの思い出回顧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加