坂倉、2年目進化へ「内川バット」試す ドラ1中村奨に負けん!

坂倉、2年目進化へ「内川バット」試す ドラ1中村奨に負けん!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/12
No image

大野練習場で自主トレを行う坂倉

広島・坂倉将吾捕手(19)が6日、広島県廿日市市の大野練習場で自主トレを行った。来季の1軍定着を目標に掲げ、ソフトバンク・内川が今季使用していたモデルのバットを取り入れる考えを明かした。

「2年目に向けて何かを変えてみようと思ったので、固定せずにいろいろ試している。内川さんと同じ型のバットは(10月の)フェニックス・リーグから使い始めた。感触は悪くない」

鈴木が同型のバットを持っていたため、気になって借りたのがきっかけだ。約900グラムと自身が使っていたバットと重量はほぼ変わらないが、1センチ長くなる。使いこなすために、打撃練習に余念がない。

同じ高卒捕手の中村奨(広陵)がドラフト1位で入ってくる。先にプロで過ごした1年の経験が坂倉のアドバンテージだ。「何とか1軍に帯同できるようにしたい」。安打製造機の相棒を手にさらなる進化を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神糸井4億円、ロッテ福浦25年目は3500万円...12月14日の主な契約更改
マイコラス「エキサイティングな経験」日本振り返る
楽天の今江がこども病院訪問 入院中の子供と交流「元気になってもらえるプレーを」
名打者・篠塚和典氏が語る打撃の極意 イチローも使うバットの秘密、驚異の技術
中心選手が続々、59人中47人が1軍でプレー 西武過去10年のドラフト査定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加