八重樫幸雄が指摘。キャッチングは「古田より谷繁をマネたほうがいい」

八重樫幸雄が指摘。キャッチングは「古田より谷繁をマネたほうがいい」

  • Sportiva
  • 更新日:2019/12/05

連載第10回(第9回はこちら>>)【左足を下げる、古田独自のキャッチング】――前回は「ルーキー・古田敦也入団」の話題にさしかかったところで終了となりました。今回はその続きからお願いします。古田さんは1990(平成2)年の入団です。この時、八重樫さんは39歳、プロ21年目でした。古田さんの第一印象は?八重樫 最初に感じたのは「大人しいヤツだな」って印象だったな。1990年のユマキャンプで初めて一緒に

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加