ソフトバンク・田浦が80万増の580万円でサイン「来季は30試合以上」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/12

高卒2年目で今季一軍デビューを果たしたソフトバンクの田浦文丸投手が10日、プロ初アップの契約更改に笑顔を見せた。80万円増の年俸580万円でサイン。「球団から期待をしていると言ってもらえたし、一軍に上がれたことも自信になりました。来季は30試合以上登板したい」と意気込んだ。

課題として「左打者をどう抑えるか。チェンジアップを高校時代は左相手にも投げていたけど、プロに入ってから使っていなかった。投げられるようにしたい」と挙げた。

今季は7月10日の西武戦(ヤフオクドーム)で2回無安打無失点デビュー。8試合に登板して0勝0敗、防御率4・50だった。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【プレミア12】侍J、2日連続で韓国戦へ プロ参加後は7勝10敗、日韓戦の死闘を振り返る
異色右腕・松本直晃のトライアウト。来年父になる男の「夢の続き」
韓国、逆転勝ちで五輪切符 野球プレミア12
松坂大輔が古巣復帰、“不良債権”を買い取った西武ライオンズがはじくソロバン勘定
2日連続の日韓戦へ!韓国指揮官「あすは出場機会が少なかった選手を」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加