浅野忠信、父逮捕直後のユーモア混じりツイートが“好評”だったワケ!

浅野忠信、父逮捕直後のユーモア混じりツイートが“好評”だったワケ!

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2017/12/06
No image

所属事務所社長でもある父親が法律違反の薬物を使用した容疑で逮捕されていたことが12月5日に明らかになった俳優の浅野忠信。関係者やファンに向けて謝罪の言葉とともに悲痛な心境を明かしたばかりだが、そんな浅野が翌12月6日に更新したツイートが反響を呼んでいる。

ツイートの内容は〈息子が刑事役やってる時にお父さんは何考えてんでしょうか?! と言うわけで落ち込んでる暇はありません!(^o^)! 刑事ゆがみは今日も頑張ります〉というもの。自身が出演する「刑事ゆがみ」(フジテレビ系)の共演者である神木隆之介や稲森いずみらとともに満面の笑顔でピースをする写真も一緒にアップされている。

「はじけるような笑顔で、ドラマの宣伝までしています。批判が来るんじゃないかとドキドキしたのですが、このツイートに対するリプライは温かいものばかり。どんな時でも自分のやるべきことを自分のペースできちんとやるという浅野さんの姿勢はすばらしいと思いました」(エンタメライター)

6日時点で「いいね」は3万件以上、リプライは「ファンを心配させまいとしてくれる姿に感謝します」「前向きさを見習いたい」「そんな浅野さんが大好き」など浅野のポジティブさを絶賛するものばかりだった。

身内が不祥事を起こした時に活動を自粛する芸能人について「家族が責任を取るのはおかしい」といったことはこれまでもたびたび言われてきた。もちろん、事件の内容にもよるだろうが、浅野の言動は芸能界特有の“家族の連帯責任ルール”に一石を投じたものといえそうだ。

(笠松和美)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
JR東日本、原田知世CM復活で「面目丸つぶれ」危機の女性タレントとは?
テストで「ゴーストバスター」って書いたら、先生の採点が斜め上
太川陽介の妻・藤吉久美子が“路線バス不倫”!
小倉優子、親友のギャル曽根を「絶縁」疑惑が急浮上のワケ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加