巨人・長野 9回2死から執念の同点打「何とか還せるように」

巨人・長野 9回2死から執念の同点打「何とか還せるように」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

◇セ・リーグ 巨人2―2阪神(2017年9月14日 甲子園)

No image

9回表2死一、二塁、長野が左前に同点適時打を放つ

巨人がまたも土壇場で粘った。1点差の9回2死一、二塁、長野のバットがチームを救った。「チャンスだったので何とか(走者を)還せるように」と、ドリスの外角低めの155キロに食らいつき、打球は三遊間を破った。同点に追いつき、12日に続き、今カード2度目の延長戦に突入した。

12回で決着がつかず、2―2のままドローとなったが、2位・阪神との重要な3連戦を1勝2分け。敗色濃厚のムードから6年連続で阪神戦の勝ち越しを決めた。高橋監督も「最後までよく粘ってくれた。負けなかったという部分は良しとしないといけない」と前向きだった。

エース菅野は初回に2点を失ったが、2回以降は無失点に抑えて7回6安打2失点。2失点以上は6月30日のDeNA戦以来だったが「悲観的な内容ではない。7回2失点はOK。阪神は痛いと思う。初戦も(阪神の)勝ちゲームでしたからね」。広島に敗れた4位・DeNAとのゲーム差を1に広げ、CS進出に半歩前進。エースは「(20日の阪神戦も)僕が投げると思う。投げる試合は全部勝つ。見ているところは2位なので」とあくまでも5・5ゲーム差の阪神を追いかける。16日からのDeNA2連戦に向け、勢いは保たれている。 (重光 晋太郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山本昌が甲子園のエース10人を評価。思わず「ほしい」と言ったのは?
【MLB】メジャーNO1遊撃手が教科書のような頭脳プレー、解説「子供に見てほしい」
日立151キロ右腕・鈴木 10球団スカウトの前で6回3失点
多摩大聖ヶ丘vs実践学園
高校野球ドットコム
大谷翔平、メジャー移籍濃厚 日ハムはなぜアッサリ手放すのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加