加治遥 逆転勝ちで初戦突破

加治遥 逆転勝ちで初戦突破

  • tennis365
  • 更新日:2017/11/15
No image

初戦突破を果たした加治遥 : 画像提供 ダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジ

女子テニスの下部大会であるダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジ(日本/愛知県豊田市、カーペット)は14日、シングルス1回戦が行われ、加治遥A・リム(フランス)を3-6, 6-3, 7-6 (7-2)の逆転で下し、初戦突破を果たした。

2回戦では、第7シードの日比万葉と予選勝者の藤原里華のどちらかと対戦する。

23歳の加治は昨年の全日本学生室内テニス選手権大会(大阪/江坂テニスセンター、屋内ハード)で2連覇を達成。園田学園女子大学卒業後にプロへ転向し、今年8月の第29回ユニバーシアード競技大会にも出場した。

その他の日本勢は、ワイルドカードで出場の小堀桃子清水綾乃が2回戦に進出。田中優季は初戦で敗れた。

また、ダブルスでは西本恵/吉冨愛子組と藤原/ 清水組がベスト8進出を果たしたが、第3シードのA・ライナ(インド)/瀬間詠里花組、光崎楓奈/宮本愛弓組、今西美晴/ 小堀組、B・グムリア(ハンガリー)/高畑寿弥組は初戦敗退となった。

ダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジは今年で10周年を迎え、2017年が最後の開催となる。

写真撮影:大澤泰紀

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スランプを乗り越えて手に入れた「これ以上はない」と思える最高のキャリア〜元テニス選手・杉山 愛
ドリームテニス 組み合わせ発表
土居美咲 逆転勝ちで連敗止める
『M-1』歴代王者、前年成績の法則アリ? 戦績から読み解く優勝争い
土居美咲 ベスト8進出ならず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加